KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

水虫

 
今回、水虫についてお話を伺ったのは
福岡山王病院 皮膚科 部長の
久保田由美子(くぼた ゆみこ)先生です。


■水虫とは

水虫とは、白せん菌というカビの一種が
皮膚の一番表面の垢に住み着いたために起こる感染症です。
白せん菌は足だけではなく手や体にも付きますが、
一般的に水虫といえば足の白せん菌の感染症のことをいいます。
高温多湿なこれからの時期、がぜん勢いを増すのが水虫。
我が国では男女を問わず、
5人に1人が水虫にかかっているといわれています。


■感染ルート

白せん菌は皮膚の垢を食べるので、
それがあれば人間から離れてでも増殖します。
水虫菌の主な感染場所はバスマットやタオル、
共用のスリッパやサンダルなど。
それらを通して家族の間にうつることもあるので注意が必要です。


■水虫の種類

水虫の種類は3つあります。
趾間(しかん)型は足の指の間に水ぶくれができて
皮が向けるタイプで、よくかゆみを伴います。
小水疱(しょうすいほう)型は小さな水ぶくれが
土踏まずや足の裏に点々とできて、
これも水ぶくれができるところはかゆみを伴います。
角質増殖(かくしつぞうしょく)型はかかとが硬く、厚くなるもので、
無症状なので自分では気がつきにくく、
顕微鏡検査で見つかることがあります。


■治療の注意点

汗による水ぶくれなどを水虫だと自己判断して
専用の薬を塗ると炎症を起こし、
黄色ブドウ球菌など別の菌が侵入して足が腫れあがる、
蜂窩織炎(ほうかしきえん)を起こす場合があります。


■水虫の治療

水虫の治療はまず皮膚科で顕微鏡検査を受けて
水虫であることを確認することが大事です。
その上で、塗り薬で症状に合わせた治療をしますが、
角質増殖型や爪に水虫がある場合では
塗り薬だけではなかなか治らないことがあるので、
飲み薬を服用することがあります。

また病院で水虫の診断がついたら、
処方薬・市販薬を問わず2ヵ月間はしっかり塗るようにしましょう。


■水虫の予防対策

白せん菌は湿度が100パーセントになると
1日のうちに皮膚に入ってしまうといわれています。
仕事上、どうしても皮靴を履かなければいけない人は、
オフィスの中ではサンダルなどの通気性の良い履物に
履き替えることをおすすめします。
長時間皮靴を履くなどの場合は帰宅した後も注意が必要です。
帰宅したら足をシャワーでかるく洗いましょう。
足の間を石鹸でゴシゴシ洗うと傷が付いて
そこからまた細菌が入ることがあるため注意です。

ほか、バスマットなど家族で共有するようなものは
良く洗濯する、できるだけ家では素足でいる。
指の間のすき間が狭い人は5本指の靴下を履いたり、
指の間にガーゼをつめて乾燥を保つことも有効です。

睡眠時無呼吸症候群

 
今回、睡眠時無呼吸症候群についてお話を伺ったのは、
久留米大学医学部長・神経精神医学講座 主任教授の
内村直尚(うちむら なおひさ)先生です。


■睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠中に1回当たり10秒以上の無呼吸がひと晩に30回以上、
あるいは1時間に5回以上ある場合を睡眠時無呼吸症候群といいます。
特にあごが小さいと空気の通り道である気道が狭くなりがちで、
いびきをかきやすくなります。
そこに肥満による首周りや気道への脂肪の沈着、
鼻中隔湾曲(びちゅうかくわんきょく)症など鼻の病気、
さらには扁桃(へんとう)肥大といったいくつかの要因が重なると、
寝ている間に舌の付け根や、
のどの入口部分にある軟口蓋(なんこうがい)が下に沈んで、
気道が完全に詰まってしまうのです。


■睡眠時無呼吸症候群になると

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が止まるので
間欠的な低酸素状態を呈します。
また睡眠が中断されるので交感神経が優位に立ちます。
この2つの理由によって高血圧は健常時に比べると
約3倍、起こりやすいといわれています。
特に薬が効きにくい治療抵抗性の高血圧の人では、
この睡眠時無呼吸症候群がより関与しているのではないかといわれています。
その他にも糖尿病は約2倍、脳卒中は約3倍、
不整脈は約4倍起こりやすいといわれています。


■睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群は原因や重症度によって治療法が異なりますが、
肥満気味の場合は減量も治療の一環になります。
また鼻づまりなどで鼻から呼吸がしにくい場合は、
鼻の症状を改善する必要があります。
比較的軽症の場合はマウスピースで下あごを前に出して
気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぎます。
さらに先天的に下あごが小さい場合は下あごを前に出す手術や、
扁桃腺の肥大が原因の場合は扁桃腺の摘出手術を行うこともあります。

閉塞性の無呼吸症候群では、
“CPAP(シーパップ)療法”といって鼻にマスクを着けて、
そのマスクを通して空気を送り、
気道を拡げて閉塞を改善するような治療を行います。
この装置はレンタルで、ひと月に1回、病院を受診することで
保険適用になり、月数千円で使用が可能です。
CPAP療法では脳卒中や心筋梗塞などが
3分の1以下に減少することが分かっているので、
中等症以上の閉塞性の無呼吸症候群の人はぜひ受けてもらいたいと思います。


■まとめ

睡眠時無呼吸症候群は治療をしないで放っておくと
命に関わることもあります。
夜中のいびきと我慢できない昼間の眠気があるなら要注意!
特に身近な人からいびきを指摘されたら、
一度は専門医を受診してきちんと検査を受けることをお勧めします。

上手なダイエット

 
今回、上手なダイエットについてお話を伺ったのは、
国立病院機構 九州医療センター 代謝 内分泌内科
医長の吉住 秀之(よしずみ ひでゆき)先生です。


■上手なダイエットとは

最近では食生活の欧米化や運動不足により、
いわゆる“メタボ”といわれる肥満の人が増えています。
肥満は糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を悪化させたり、
動脈硬化を進めるために、その改善のために
適切なダイエットを行う必要があります。
しかしながらその際、上手にダイエットをしませんと、
かえって健康障害を招くことにもなりかねません。


■肥満とは

体の中に脂肪が過剰に溜まっている状態が肥満。
脂肪の量を知る目安となるのが“BMI”という測定方法で、
体重を身長の2乗で割り、25以上だと肥満ということになります。
肥満のもとになる脂肪には「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があり、
健康上で問題とされるのは内臓脂肪型の肥満です。
CTスキャンで測った おへそ周りの断面の内臓脂肪面積が
100平方センチメートル以上だと内臓脂肪型肥満と判断されます。


■内蔵脂肪が多いと、なぜ体によくない?

脂肪組織は単に脂肪を蓄えているだけではなく、
いろいろな物質を作っています。
脂肪が過剰に蓄積すると、糖尿病でインスリンの効きを悪くするTNF‐αや、
高血圧を悪くするアンギオテンシノーゲン、
高脂血症を悪くする遊離脂肪酸や、
血液を固まりやすくして心筋梗塞などを起こしてしまう
PAI‐1(パイ-1)などの悪い物質が
たくさん作られてしまいます。
また同じく内臓脂肪の細胞で作られるアディポネクチンは
傷ついた血管の壁を修復して、動脈硬化を予防する働きがあるのですが、
内蔵脂肪が増えると分泌量が減ってその働きが低下したり、
血糖を上昇させたりします。
さらに最近では、肝臓がんや大腸がんといった
悪性腫瘍のリスクを増やしたり、
糖尿病の人ではアルツハイマー型認知症のリスク
上げるということもいわれています。


■ダイエットのポイント

ダイエットのポイントとしては、
日常生活の活動度と目標の体重を考慮した上で
適切な1日摂取カロリーを設定すること。
そして3大栄養素である糖質(炭水化物)や脂質、タンパク質のどれが
自分に過剰なのかを整理してバランスよく減らし、
適度な運動を組み合わせることがポイントになります。


■3大栄養素

3大栄養素とは炭水化物、脂質、タンパク質のこと。
炭水化物は糖質と食物繊維の総称で、体を動かすエネルギー源。
ご飯やパンなどに多く含まれています。
脂質は同じくエネルギー源になる他
、細胞膜の成分・ホルモンの材料などになり、
脂肪の多い肉類や乳製品などに多く含まれます。
タンパク質は筋肉や皮膚、臓器など体を構成する物質で、
タマゴや魚、肉、豆などに多く含まれています。


■“低炭水化物ダイエット(=糖質制限ダイエット)”について

低炭水化物ダイエットとは炭水化物の量を減らした食事のことです。
主食に当たるご飯やパン、めん類などを極端に減らし、
おかず中心のメニューにしてカロリーをカット。
これで見事ダイエットに成功という人も周りにいるかもしれませんが…。

行き過ぎた低炭水化物ダイエットでは糖質を極端に減らす結果、
逆に過剰な脂質とタンパク質を取ることになります。
過剰な脂質を取り続けることで高脂血症から動脈硬化が進行したり、
過剰なタンパク質を取り続けることで、
腎機能障害が進んだりするリスクがあります。
またおかず中心の食事になるので味付けに用いる塩分が増える結果、
高血圧を悪くしてしまうリスクもあります。


■先生よりまとめ

“魔法のダイエット”というものはありません。
体の健康を維持するためには、3大栄養素をバランスよくとりながら、
根気よく続けていくことが大事です。
特に治療としてダイエットを行われる人は“我流”にならずに
主治医の先生や管理栄養士の先生の意見を取り入れながら
上手にダイエットをしていただきたいと思います。

子どもの吃音症

 
今回、吃音症についてお話を伺ったのは、
九州大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部(とうけいぶ)外科の
菊池良和(きくち よしかず)先生です。

■吃音症とは

吃音症とは、始めの言葉のタイミングが合わなくて繰り返したり、
引き伸ばしたり、詰まったりする状態です。
連発性、伸発性、難発性の3つのタイプがあるといわれています。
連発性は話そうとする時に最初の音を連続して発音してしまいます。
伸発性は最初の音だけを引き伸ばして発音します。
難発性は最初の一言が出ずに詰まって後の言葉が続きません。
喉にカギをかけられたような感覚ともいわれています。


■特徴

吃音症は、他の人と声を合わせたりすると流暢に話せる事があります。
また歌を歌う時は言葉が詰まりません。
他にも自分が詰まりやすい言葉と詰まりにくい言葉があって、
ある程度年齢が上がってくると
詰まりやすい言葉と詰まりにくい言葉って分かってくるので、
詰まりにくい言葉に置き換えたりして、
自分で詰まらないような努力をたくさんしている人もいます。
ただし「詰まっていない=困っていない」というわけではありません。

幼児期から小学校の低学年にかけては、
吃音症の子どもは自分の吃音をコントロールすることができないので
苦しそうに話しています。
やがて小学3年生の頃からは、
苦手な言葉を言い換えたりする工夫が始まり、
思春期になると会話の途中で急に黙り込んだり、
無口なフリで会話を避けるなどして、
吃音を隠そうとする子どももいます。


■原因

吃音症は最近の研究で、脳に何らかの違いがあることが示されていますが、
詳しい原因はまだはっきりと分かっていません。
かつては親のしつけや育て方が悪いといわれた時代がありましたが、
現在では親の関わり方が原因で吃音が始まることはないと
医学的にはいわれています。
またこちらも原因はよく分かっていませんが、
吃音の頻度が増えたり減ったりする“吃音の波”と呼ばれる現象があります。
同じ言葉でも言える時と言えない時があり、
調子が悪い時に話さないでいると吃音が悪化することがあります。


■大事な点

子どもの吃音症は症状の改善を目的とした話し方の訓練よりも、
本人の話そうとする意欲を育むことが大切です。
まずは親や先生など大人が、
吃音がある子どもと向き合って吃音の誤解から子どもを守る、
家庭や学校で吃音のある子が
みんなに認められるような環境作りをすることが大事です。
また吃音があっても話し続ける意欲を持つ子どもに上手く育てることが大切だと思います。
家庭では吃音をタブー視しないで必要があればオープンに話をしましょう。
親は友達から「真似されていないか」
「指摘されていないか」「笑われていないか」を、
日頃から気にかけて下さい。
学校でクラスの児童に吃音のことを説明するのは先生の役割です。
先生が吃音のある子の味方となってくれるクラスでは、
吃音に対する からかいやいじめを防ぐ事ができます。
そのためにどんな配慮が必要なのか、
親が子どもと話し合って意見書を作り、
学校に提出するのが好ましいと思います。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます