KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

骨粗しょう症

 
今回、骨粗しょう症についてお話を伺ったのは、
九州大学大学院 医学研究院 老年医学分野 講師の
大中佳三(おおなか けいぞう)先生です。


■骨粗しょう症とは

骨粗しょう症は加齢などが原因で骨が脆くなり
骨折をしやすくなる病気です。
骨は絶えず新陳代謝を繰り返していて、
破骨細胞が古い骨を壊し、骨芽細胞が新しい骨を作っています。
これはリモデリングといわれ、
このバランスが崩れると骨粗しょう症の原因となります。
現在、日本にはおよそ1200万人の骨粗しょう症患者がいると推定されていて、
高齢化が進む我が国では、ますます増加していく病気の一つと考えられています。


■骨粗しょう症の特徴

骨粗しょう症は閉経後の女性に最も多いとされています。
閉経によって女性ホルモンが低下し、
骨密度が急激に減ることが原因です。
また運動不足や日光にあまり当たらない生活、
喫煙や過度の飲酒、さらに最近では、
糖尿病などの生活習慣病でも骨粗しょう症になりやすいことがわかっています。

若いときの過度のダイエットも、
カルシウムなどの栄養不足やホルモンのアンバランスによる骨密度低下から、
骨粗しょう症のリスクとなります。
さらには遺伝的な要因も強く、両親に大腿骨骨折の経験があると、
骨粗しょう症のリスクが高まると言われています。


■骨粗しょう症の問題点

骨粗しょう症になると高齢者では転倒などにより容易に骨折をおこし、
それが要因となって“寝たきり”になるのが一番の問題です。
寝たきりになると家族など周囲の介護も必要になってきます。


■骨粗しょう症の治療

骨粗しょう症の治療法は、食事療法、
運動療法、薬物療法の3つが挙げられます。
食事療法ではバランスのとれた食事、
特にカルシウムとビタミンDの摂取が重要です。
また運動療法では散歩などで体を動かし、
適度に骨に負担をかけて強い骨作りを目指します。
骨密度が大幅に減少している患者さんでは、
食事療法と運動療法だけでは不十分なので薬物療法を行います。

治療薬は、ビスフォスフォネートという飲み薬が最も多く使われていますが、
最近では、半年に一度病院で注射を行うデノスマブという薬も出ています。
いずれも骨を壊す細胞の働きを抑える効果があります。


■まとめ

高齢者は骨折した後に初めて骨粗しょう症に気付くことも多いので、
若いときに比べて身長が縮んだと感じたときや、
背中や腰に痛みがある場合は、
一度、病院に行って骨粗しょう症の検査を早めに受けるようにしましょう。

パーキンソン病

 
■概要

何もしないでじっとしている時に
もしも片方の手足がふるえるのなら、
それはパーキンソン病の初期症状かも知れません。
パーキンソン病は脳の神経に異常が起こり、
体の動きがだんだんと不自由になっていく病気で、
悪化すると寝たきりになることも…。
50代から60代で発病する人が多く、
その患者数は全国におよそ15万人とも言われています。
原因不明の難病ですが、早期に適切な治療を始めれば
病気の進行を遅らせることもできるのです。

今回、パーキンソン病についてお話を伺ったのは、
音成クリニック 院長の
音成龍司(ねしげ りゅうじ)先生です。


■パーキンソン病の原因

大脳の黒質という所の神経細胞が減っていき、
そのためにそこで産生されるドパミンが減少するために
パーキンソン病が起こってきます。
黒質の神経細胞は生まれた時が1番多いのですが、
それを100としますと年齢と共に低下していきます。
そして20%になったならば
パーキンソン症状が出てくると言われています。
ですから理論的に言えば120歳になったら
みんなパーキンソン病になるのです。
それが何かの原因で急に神経細胞数が減ったために
パーキンソン症状が出てくるわけです。


■パーキンソン病の症状

パーキンソン病には4大症状と呼ばれる特徴的な症状があります。
ふるえは静止時振戦(せいしじしんせん)とも言われ、
じっとしている時に手や足が小刻みにふるえ、
何かをしようとすると止まります。
固縮(こしゅく)とは筋肉が強ばって固くなり
まるで錆びた歯車のように手や足をスムーズに動かせなくなります。
無動とは色んな動作が遅くなることで、歩く時に歩幅が狭くなったり、
瞬きが減って無表情になったり書く字が小さくなったりします。
姿勢反射障害は体のバランスがとり難くなることで、
人とぶつかるなどしてバランスを崩すと棒のように倒れてしまいます。
4大症状は全部運動系の症状です。


■それらの中でも…

1番目立つのは安静時のふるえです。
それも片方の手、あるいは足からふるえが始まり、
進行すると反対側にも起こってきます。
しかし注意していただきたいのは
3割から4割程度の人はふるえがないということです。


■その他にも…

また非運動系の症状が最近注目されています。
パーキンソン病と診断される例えば10年ぐらい前から、
便秘がしたり臭いがしなくなる、
立ちくらみがする、
夜中に大声で叫ぶなどの症状がある人が多いという報告があります。
これらの症状が気になる時は神経内科を受診して下さい。


■パーキンソン病の治療

パーキンソン病の治療は薬物療法が中心で、
主にレボドパやドパミンアゴニストという内服薬が用いられます。
どちらも脳内で不足したドパミンの働きを補う効果があります。
レボドパは早めに服用するほど症状の進行を遅らせることができます。
ドパミンアゴニストはレボドパほど高い効果はありませんが、効き目が持続する特徴があります。

ただし薬の服用が長期に及ぶとその効果が長続きしなくなってきます。
その場合は手術で脳に電極を埋め込み、
胸の装置で継続的に電気刺激を与える脳深部刺激療法が効果的ですが、
あくまでも症状の改善が目的で、
パーキンソン病を完治させることはできません。


■パーキンソン病の特徴

パーキンソン病は薬物療法だけだと、
手足の変形や姿勢の異常が起こってきます。
それを正すためにはリハビリはとても有効な治療法です。
しばらくリハビリをやったからといって
すぐ良くなるわけではありませんが、
1年間リハビリを続けた人と、
続けていない人とを比較すると顕著な差が出てきます。
パーキンソン病は表情も固くなり、字も小さくなります。
そして声も小さくなります。
姿勢も背中が曲がって小さくなります。

なので、それらを予防するリハビリを行うことが必要です。
声もお腹から出して、顔も笑顔を作ってリハビリを行うことが非常に大切だと思います。

乾燥肌

 
今回、乾燥肌についてお話を伺ったのは、
福岡山王病院 皮膚科 部長の
久保田由美子(くぼた ゆみこ)先生です。


■乾燥肌とは

乾燥肌とは皮膚表面を覆っている皮脂や汗が減少して水分が失われ、
皮膚が乾燥してカサカサのフケ上のものが付着した状態です。
皮脂欠乏症とも言います。


■乾燥肌の特徴

乾燥肌は空気が乾燥する秋から冬にかけて多く見られます。
その原因は皮膚を乾燥から守る皮脂膜、
角層細胞間脂質、天然保湿因子の低下だと言われます。
皮脂膜ができるピークは女性では10〜20代、
男性では30〜40代と言われ、
乾燥肌は加齢と共になりやすくなると言われています。


■乾燥肌の原因

最近、顕著なのがシャンプーや石鹸の使いすぎです。
こういう洗剤系は脂を落とすために性能もよくなってきているので、
使いすぎると脂が落ちすぎて水分が蒸発して
年中カサカサの状態になります。
またシャンプーの液や泡が顔や首などに付着しただけでも
乾燥につながる場合があります。
皮膚が未発達な乳幼児はお湯だけで十分です。
さらに目の荒いナイロン系のタオルで、
体をゴシゴシとこすり過ぎることも乾燥肌に繋がります。


■乾燥しやすい場所

乾燥肌はだいたい脂の少ないところに起こります。
髪の毛には脂がついていますが、
手の腕、足、わき腹などの体の側面は毛が無いので
脂が少なく乾燥します。


■乾燥肌が進むと…

肌が乾燥しカサカサしてくると
人によっては皮脂欠乏性湿疹を起こし
夜も眠れなくなるほどのかゆみとなってきます。
進行するとコインほどの大きさの貨幣状湿疹に。
さらに適切な治療を受けずに放置しておくと
湿疹が全身に広がる自家感作性皮膚炎(じかかんさせいひふえん)へと進みます。


■かゆみのトピックス

掻き傷が顕著な人では
疥癬(カイセン)というダニが寄生する病気のことがあります。
夜眠れないくらいかゆい場合は一度、皮膚科に行って
ダニがいないかどうかを確認して、もしいたら治療を受けましょう。


■乾燥肌の予防

乾燥肌の予防法はシャンプーの回数を減らし、
皮脂の落とし過ぎを防ぐ。
体は石鹸をよく泡立て手で撫でるように洗い、
入浴後にはすぐに保湿剤を塗りましょう。
もちろん加湿器で室内の乾燥対策もお忘れなく。
乾燥肌でも偏食があったりする人は
かゆみが増すこともあるので、
バランスよく食べるようにしましょう。

陽子線治療

 
■概要

体を傷つけずにピンポイントでがん細胞のDNAを破壊できるため、
“体に優しいがん治療”として大いに期待されている陽子線治療。
がんの克服に向けて夢の治療とも言われる注目の先端医療です。

今回、陽子線治療についてお話を伺ったのは、
メディポリス国際陽子線治療センター センター長の
菱川良夫(ひしかわ よしお)先生です。


■陽子線治療とは

体にできた がんを見つけて治療する代表的な方法は
手術、放射線治療、重粒子線治療、そして陽子線治療です。
陽子線治療・重粒子線治療はエネルギーを調整して、
がんのあるところにぴたりと当てるという治療法です。
陽子線と重粒子を比べると、
陽子線は回転ガントリーという装置があるので、
がんに正確に当てる場合には都合がよいとされます。
どうしても治らないようながんに対して、
今までの技術に陽子線治療を加えて治そうということが狙いになります。


■陽子とは

陽子とは水素の原子核のことで
水素原子から電子を引き離して作ります。
そしてシンクロトロンと呼ばれる装置によって
真空状態で陽子を光速の70%近くまで加速させたのが陽子線です。

一般的な放射線の場合、放射線量は皮膚の表面近くで最も高く、
体の奥へ向かうほど低くなりがんを越えて奥まで突き抜けていきます。
このためがんの手前と奧側にある正常な組織を
ある程度傷つけてしまいます。
これに対して陽子線には特定の深さで高い放射線量を放出して、
それより奧には到達しないブラッグピークという特徴があります。
陽子線治療はこの特徴を活かしつつ、
ブラッグピークの深さや幅をコントロールすることで、
正常な組織への影響を抑えて、
がんを集中的に攻撃することができるのです。


■陽子線治療のメリット

陽子線治療は体に優しい治療法で、
上手に使えば抗がん剤を中心にした従来のがん治療の効果が上がります。
ここで行っているのが、手術ができなくなったすい臓がんで、
抗がん剤だけでは治らないものが陽子線治療を加えることで
良い結果が出ています。
それから例えば心臓の悪い人、人工透析をしている人、
糖尿病がひどい人などでは
普段通っている病院で検査を受けて偶然、
小さながんが見つかることがあります。
これまではもともとの病気のために
そのがん治療ができませんでしたが
陽子線治療ではそれが容易にできます。


■補足

今回、取材で伺った「メディポリス国際陽子線治療センター」は
2011年から治療を開始しました。
温泉付き宿泊施設を併設したリゾート滞在型の陽子線がん治療施設で、
これまで1600人以上が治療を受けています。

詳しくは…、
メディポリス国際陽子線治療センター
(〒891-0304 鹿児島県指宿市東方5188)
電話:0993-24-3456(患者さん相談窓口)
メール:mptrc-ask@medipolis.

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます