KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

宗像 沖ノ島〜祈りの原点をたずねて〜

KBC共通メニューをスキップ

五十肩

 
今回、五十肩(ごじゅうかた)についてお話を伺ったのは、
諸岡整形外科病院 手術部部長の
木村岳弘(きむら たけひろ)先生です。


■五十肩とは

五十肩とはとくにきっかけなく
肩の痛みと肩関節の運動制限が起こり、
中年以降、とくに50代に多く見られる疾患です。
整形外科では肩関節周囲炎、凍結肩という病名が使われます。


■五十肩の原因

はっきりとした原因は不明ですが、
加齢に伴って肩の周りの組織が老化して弱くなり
傷つきやすくなります。
組織が傷つくとそれが修復される際に炎症が起こります。
これが五十肩の原因だといわれています。


■五十肩の症状

五十肩では多くの場合、まず肩に突然痛みがあらわれ、
寝ているときなど安静時にも痛むことがあります。
その時期が過ぎると痛みは次第に軽くなっていきますが、
関節の周りの組織が癒着(ゆちゃく)するなどして
肩の動く範囲 “可動域”が狭くなります。
また肩の可動域が狭くなることで服を着たり脱いだりする、
お風呂で体や髪を洗う、
物を持ち上げたり、ボールを投げたりするといった際に
思うような動きが取れなくなります。


■五十肩の注意点

五十肩は半年から1年経過してくると自然と治ることもあります。
しかし自分で無理に動かして悪化させたり
放置することによって症状が長引いたり、
治らずに手術治療が必要となってしまうことがあります。
また肩が痛いのは五十肩だと思いこんで受診したところ、
実は腱板断裂(けんばんだんれつ:肩の関節を安定させる筋が切れる)など、
他の疾患であったということがよくあります。
1週間以上、肩の痛みが続く場合には整形外科を受診しましょう。


■五十肩の診断・検査

痛みが強い急性期の時期には
肩を動かさずに注射や薬で痛みを抑えます。
痛みが落ち着いてきたら運動療法を行い
肩の可動域を改善させていきます。
ただし痛みや運動制限が長引く場合には
手術治療を行うこともあります。


■まとめ

五十肩の運動療法では肩やその周りの関節のストレッチが行われます。
症状の改善や再発の防止、
また今のところ五十肩でお悩みではないという人も
そうならないよう日ごろから肩のストレッチは大事です。
五十肩は早期から適切な治療を行えば
ほとんどの患者さんはリハビリテーションや
薬物治療による保存治療で治ります。
まずは整形外科を受診し適切な診断を受けましょう。

乾燥肌

 
今回、乾燥肌についてお話を伺ったのは、
福岡大学医学部皮膚科 主任教授の
今福信一(いまふく しんいち)先生です。


■乾燥肌とは

乾燥肌とは皮膚表面の水分量が低下して皮膚が乾燥した状態です。
主に脚のすねや前腕、手の甲、太ももなどに起きやすく、
皮膚がカサカサして白く粉を吹いたような状態になって
しばしばかゆみを伴います。
乾燥肌自体は病気ではありませんが、
ひどくなると皮膚に亀の甲羅にようにひび割れができて、
赤くなって皮脂欠乏性皮膚炎といわれる状態になります。
かゆみも次第に強くなって、
夜中に目が覚めるほどの激しいかゆみを伴うこともあります。
空気が乾燥する冬に症状がひどくなる患者さんが多いですが、
中には夏になると自然に症状が軽くなったり治ったりする人も多く見られます。


■皮膚の仕組み

私たちの皮膚の表面は角質層と呼ばれる組織で覆われています。
角質層には水分を蓄えて逃さないと同時に、
外部の刺激から体を守るバリアのような働きがあります。
ところが角質層が乱れると
皮膚の水分が蒸発して乾燥肌になるだけでなく、
皮膚のバリア機能が低下するため、
ちょっとした刺激にも過敏に反応してかゆみを引き起こします。
そのため皮膚をかいてしまうと角質層が荒れて乾燥肌が悪化し、
ますます刺激を受けやすくなって、
かゆみがさらに強くなる悪循環に陥ってしまうこともあります。


■乾燥肌の原因

乾燥肌の最も大きな原因は湿度の低い環境にあります。
特に冬はエアコンを入れて空気が乾燥するために著しく湿度が下がって
皮膚の水分が蒸発しやすく乾燥肌になりやすくなります。
また乾燥肌には元々の皮膚の性質も大きく関係します。
アトピー性皮膚炎といった病気や
魚鱗癬(ぎょりんせん)といった体質的な要因などによっても
皮膚が乾燥しやすくなることが分かっています。
また乾燥肌は年齢も大きな要因の1つになります。
乳児や高齢者は皮膚の角質層が薄いために湿度を保ちにくく、
乾燥しやすくなるので注意が必要です。


■乾燥肌の予防

乾燥肌を防ぐには日常生活でのちょっとした心がけが大切です。
毎日のスキンケアで肌のうるおいを保つのはもちろんですが、
長風呂やナイロンタオルの使用は
皮膚を守る角質層にダメージを与えてしまうので、
なるべく避けましょう。
また乾燥肌を刺激するとかゆみが強くなるので
肌着は木綿などの天然素材を使用したり、
爪を短く切ったりして皮膚を傷つけないようにしましょう。


■ほか注意点

乾燥肌は掻くとさらに角質層が剥がれて症状が悪化してしまいます。
比較的軽症では保湿剤を塗ることで改善する場合も多く、
すべての乾燥肌の人にすすめられる治療です。
ひどくなって湿疹ができたら
ステロイド外用薬などでの薬物療法が治療の中心となります。
保湿剤とステロイド外用薬は
量が少なかったり塗りムラがあったりすると効果が乏しくなります。
特にステロイド外用薬は塗り続けていると
副作用を招くこともあるので、
正しい用法・用量を守ることが大切です。


もの忘れ

 
今回、もの忘れについてお話を伺ったのは、
田北メモリーメンタルクリニック院長の
田北昌史(たきた まさし)先生です。


■もの忘れとは

もの忘れは年齢を重ねるとともに誰にでもある程度起こります。
隣の部屋に来たけれど何を取りに来たのか忘れた、
テレビに出ている俳優さんの名前が出てこないなどです。
一般的に加齢によるもの忘れでは
自分が忘れているという自覚があります。
そして日常生活や社会生活に支障をきたすこともなく、
何かのきっかけで思い出します。


■加齢によるもの忘れと病的なもの忘れの違い

例えば前日、家族で外食をしたとして、
加齢によるもの忘れでは、
食べたものの一部が思い出せないのですが、
病的なもの忘れでは、
食べたことそのものを忘れているといった感じになります。


■病的なもの忘れ

病的なもの忘れは認知症の初期症状であることがあります。
代表的な認知症は脳梗塞などで脳への血の巡りが悪くなって起こり、
記憶障害・言語障害などが現れる脳血管性認知症。
もの忘れはあまり見られませんが幻覚や幻聴、
パーキンソン症状などが現れるレビー小体型認知症。
認知症の中で一番多く、
全体の6割程度を占めるアルツハイマー型認知症です。
これは脳に特殊なタンパクが溜まることで起こるとされています。
加齢によるもの忘れが、
認知症によって起こるもの忘れに進行することもあり、
診断はとても難しいです。


■認知症発症のリスク

認知症の原因は未だ詳しく解明されてはいないのですが、
リスクが高くなる要因については少しずつ分かってきました。
最近では糖尿病や高血圧、高コレステロール血症といった、
いわゆる生活習慣病があると認知症を発症しやすいといわれています。


■ほか、もの忘れのリスク

もの忘れは服薬の副作用で起こることも考えられています。
睡眠剤や精神安定剤、頻尿のお薬などで
人によってはもの忘れが進む場合があります。
患者さん自身、薬に対する正しい知識が必要とされ、
時間をかけて量を減らしていく努力が必要です。


高齢者の肺炎

 
今回、高齢者の肺炎についてお話を伺ったのは、
福岡大学病院 呼吸器内科 診療教授の
藤田昌樹(ふじた まさき)先生です。

■肺炎とは

肺炎とは細菌やウイルスが肺に感染して炎症を起こす病気です。
原因となる細菌やウイルスの多くは空気と一緒に体内へ入りますが、
通常は体に備わっている免疫機能によって排除されます。
ところが、病気やストレスなどによって体力や抵抗力が落ちてくると
細菌やウイルスの感染力が免疫力を上回って肺へ至り、
そこで増殖して炎症を引き起こします。
特に高齢者は加齢によって抵抗力が弱まるので、
健康な人でも肺炎を起こしやすいといわれています。


■肺炎の症状

肺炎の一般的な症状は38度以上の高熱、
激しいせき、呼吸困難、胸の痛みで、
これらの症状が1週間以上続く場合は肺炎の疑いがあります。
ただし高齢者は肺炎になっても症状が出にくい場合があり、
高齢者の肺炎なんとなく元気がなかったり
食欲がなかったりするだけで、
かなり重症化してから発見されることも少なくありません。


■高齢者と肺炎

高齢者は慢性疾患がある人が多いので、
健康な人と比べると肺炎になりやすいといわれています。
慢性気管支炎、気管支喘息、肺気腫、
肺線維症といった呼吸器疾患があると
気道や肺に細菌やウイルスが感染しやすくなるので
肺炎を併発しやすくなります。
また肺炎になると呼吸困難などから、
元々の呼吸器疾患が増悪するリスクが高くなるとも
考えられています。
その他にも糖尿病や腎不全、肝硬変など
内臓の慢性疾患があると全身の免疫力が下がり、
細菌やウイルスに感染しやすくなって
肺炎にかかりやすくなるといわれています。
さらに脳梗塞などの脳血管障害があると食べ物や飲み物、
唾液などが間違って気管に入ってしまう
誤嚥(ごえん)が起こりやすくなり、
誤嚥した物に含まれている細菌が肺に感染して
肺炎を起こすといわれています


■他、注意点は

高齢者は免疫力の低下や慢性疾患の影響から
肺炎になると治りにくい傾向があり、
また治療が遅れると重症化して命に関わることもあります。
肺炎は一般的に早く治療を始めるほど早く回復するので、
肺炎が疑われる時は早めに病院を受診して
適切な治療を受けることが大切です。


■肺炎の治療

肺炎では主に内科的な治療を行います。
入院であれば抗生物質である抗菌薬の注射、
外来であれば抗菌薬の内服をします。
抗菌薬は症状が治まった後も
細菌が完全に死滅するまで飲み続ける必要があります。
途中で服薬をやめると症状がぶり返したり、
抗菌薬が効きにくい“耐性菌”が増えたりするので、
処方された薬の量と服用期間を守ることが大事です。
ウイルスが原因の場合は抗菌薬では効果がないので、
咳を鎮める鎮咳薬や気管支拡張薬、
熱を下げる解熱薬、痰を出しやすくする去痰薬などで、
症状を和らげながら安静を保って
自然に回復するのを待つのが基本です。


■肺炎の予防

肺炎を予防するためには普段からうがいや手洗いを行うこと、
歯みがきで口の中を清潔にして
細菌やウイルスの増殖を防ぐことが大事です。
また平成26年からは65歳以上を対象に
肺炎球菌ワクチンの予防接種が始まっているので
老人ホームなどで集団生活をしている高齢者、
慢性疾患がある高齢者は
積極的な肺炎球菌ワクチンの予防接種が望まれます。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます