KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

エコノミークラス症候群

 
今回、エコノミークラス症候群についてお話を伺ったのは、
九州大学病院 心臓血管外科 教授の塩瀬 明(しおせ あきら)先生です。

■エコノミークラス症候群とはどういうものですか?。

エコノミークラス症候群は正式には“急性肺血栓塞栓症”といいます
足の静脈に何らかの原因で“血栓”という血の塊ができて、 
その血栓が静脈の血流に乗って肺にたどりつき、
最終的に肺動脈を詰まらせてしまう病気です。
飛行機のエコノミークラスのような狭いところに
長い時間、同じ姿勢でいることが発症の要因になったため、
エコノミークラス症候群という名前がつけられました。
病名からだけではあまり深刻なイメージが沸かないかもしれませんが、
血栓の大きさによっては短時間で深刻な事態に至ることもあり、
実は油断できない病気です。


■血液が流れる仕組み

肺動脈は心臓から肺につながる血管です。
全身を巡って心臓に帰ってきた血液は老廃物を多く含んでいます。
そしてその血液は肺動脈を通って肺の中できれいな血液になって心臓へと戻り、
再び全身へと巡っていきます。
エコノミークラス症候群は血流に乗って移動してきた血栓が
肺動脈内のどこかで詰まることによって起こります。


■エコノミークラス症候群の原因

エコノミークラス症候群は立ったまま、座ったままなど
長時間同じ姿勢でいることによって血液の流れが悪くなることが原因となります。
足の筋肉は心臓に次ぐ“第二のポンプ”といわれていて、
歩くなどして足の筋肉が収縮したり緩んだりすることで、
足の静脈はスムーズな流れを保っています。
しかし長い時間同じ姿勢でいると
足の筋肉を動かさないので血流がよどむ、“うっ帯”が起こります。
すると足の静脈内に血栓ができやすくなり、
急に動いたときにその血栓が心臓を通過し、
最終的に肺動脈で詰まってしまいます。


■エコノミークラス症候群の症状

エコノミークラス症候群が起きても血栓が比較的小さい場合では
ほとんど自覚症状がないこともあります。
しかしある程度大きい血栓が詰まると突然、症状が見られ、
肺動脈の肺に近い細いところを血栓が塞ぐと
胸の痛みや呼吸困難が起こります。
また肺動脈の心臓に近い太いところを血栓が塞ぐと失神など、
非常に重い病状に陥ることもあります。


■エコノミークラス症候群の注意点

エコノミークラス症候群は体を動かさないことが発症の要因となるので、
長い時間に渡る運転などでは注意が必要です。
またパソコン社会になり、長時間同じ姿勢でデスクワークをすることで、
立ち上がった拍子に血栓が飛ぶ可能性があります。
その他、例えば足を骨折するとギブスで固定することで血流が停滞し、うっ帯しやすくなります。
すると骨折が治って自分の足で立ち上がった瞬間に血栓が飛ぶという可能性もあります。
発症しやすい原因はガイドラインにまとめられていて
軽度では脱水や肥満、経口避妊薬の使用、中等度では妊娠や高齢など。
重度では下肢にまひがある状態などが挙げられています。


■エコノミークラス症候群の予防対策

エコノミークラス症候群の予防・対策は足の筋肉を動かして血流を保つことです。
飛行機や列車、自動車などで長い時間 同じ姿勢でいることを余儀なくされたときにも
1時間に1回程度は席を立って意識的に足を動かしたり、
自動車を降りて休憩を取ることが大事です。
また、うっ帯を防ぐため、十分に水分を取った方がよいでしょう。
一方で飛行機や列車では脱水を促すアルコールは避けたほうが良いと思われます。

胆道がん

 
■概要

胆道とは胆汁が流れる通り道のことです。
胆汁は脂肪の分解を助ける消化液のことで、肝臓で作られます。
そして胆管を通って胆のうで濃縮されると、
再び胆管を通って十二指腸へと流れ出ます。
この胆のうと胆管にできるがんを総称して胆道がんと言います。
胆道がんは欧米では患者数が少ないのですが、
日本では決して珍しい病気ではありません
しかも患者数は段々増えていて、
毎年2万人以上が新たに診断されています。

今回、胆道がんについてお話を伺ったのは、
国立病院機構 九州がんセンター 肝胆膵外科医長の
杉町圭史(すぎまち けいし)先生です。


■胆道がんとは

胆道は胃の裏側にあるので腹部エコー検査では見え難く、
胃や大腸と違って、内視鏡検査でも見難いので
胆道がんは早期発見が難しいがんの1つとされています。
胆道がんはがんの発生場所によって肝臓の中にできる肝内胆管がん、
肝臓の出口付近にできる肝門部胆管がん、胆のうにできる胆のうがん、
胆のうから十二指腸までにできる遠位胆管がん、
十二指腸への出口にできる乳頭部がんの5つに分けられます。
胆管は最大でも直径1センチ程度と細いので、
がんが小さくても胆汁の流れをせき止めてしまいます。
胆管が詰まって胆汁が流れなくなると眼球や皮膚が黄色くなる黄疸、
便が白っぽくなる、尿が茶色っぽくなるなどの症状が現れます。
ただし肝臓の中の細い胆管や胆のうにできたがんの場合は
黄疸などの症状が出にくいので、
何らかの異変を自覚する頃には、
がんがすでに進行していることも少なくありません。


■胆道がんの特徴

胆道がんは50歳代から増え始めて
70歳代から80歳代の高齢者に多い病気です。
日本人になぜ多いのかその理由は定かではありませんが、
胆管のがんは男性に多く、胆のうのがんは女性に多い傾向があります。
また胆石や胆のう炎、胆管炎、潰瘍性大腸炎、クローン病といった病気の人は、
胆道がんになりやすいことが分かっています。


■胆道がんの治療

胆道がんの主な治療法は手術と薬物療法になります。
どのような病状でも根治を目指すためには積極的に手術を行って、
がんとその周辺のリンパ節を切除するのが一般的な治療法です。
手術の前には必要に応じて胆管にたまった胆汁を排出する胆道ドレナージを行うこともあります。
がんの切除が難しいと判断された場合は抗がん剤などの薬物療法を行いますが、
その際も黄疸が出ていれば必ず胆道ドレナージを行います。
胆道ドレナージは胆道がんの治療を進める上でとても重要な処置です。


■胆道ドレナージとは

胆道ドレナージには口や鼻から内視鏡を挿入して胆管に細いチューブを通す方法と、
お腹から肝臓に針を刺して胆管に細いチューブを通す方法があります。
どちらの場合でも胆汁の排出方法にはチューブから体の外へ胆汁を出す方法と、
胆管にステントを埋め込んで腸内に胆汁を流す方法があり、
胆汁が排出できるようになると1週間から4週間で黄疸が軽減していきます。
黄疸を放置すると肝臓や腎臓が大きなダメージを受けて、
全身の倦怠感や皮膚のかゆみ、発熱などを伴うこともあるため、
胆道ドレナージは患者の病状改善につながります。


■ほか注意点

胆道がんは周囲のリンパ節や臓器に広がり易いので、
手術ではがんを中心に広い範囲の切除が必要となる場合が多いです。
がんが肝臓の中の胆管から胆のう胆管にかけて発生した場合は、
肝臓の一部と胆のう胆管を切除した後で、
残った胆管と腸を繋いで胆汁の通り道を再建します。
胆のうから十二指腸に至る胆管にがんが発生した場合は、
膵臓や胃、十二指腸と胆のうを切除した後で残った胆管と膵臓、胃を小腸に繋いで、
膵液、胆汁と食べ物の通り道を再建します。
胆道がんの手術は一般的に難易度が高く、手術の時間も長くなるので、
高齢などで体が耐えられない場合や、
既にがんが転移している場合は手術ができない事もあります。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます