KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

睡眠時無呼吸と脳卒中

 
今回、睡眠時無呼吸と脳卒中についてお話を伺ったのは、
さわやま内科・総合診療クリニック 院長の
澤山泰典(さわやま やすのり)先生です。


■睡眠時無呼吸と脳卒中とは

睡眠時無呼吸というのは眠っているときに
呼吸が止まった状態をいい、
それによるさまざまな症状を総称して
“睡眠時無呼吸症候群”といいます。
脳卒中というのは突発的に脳の血管が破れたり
詰まったりすることが原因となって
脳の機能障害をきたす疾患です。
実はこの睡眠時無呼吸と脳卒中は
最近、密接な関係があるといわれています。


■睡眠時無呼吸とは

睡眠時無呼吸は顔の骨格と
空気の通り道“気道”が大きく関係しています。
とくに下あごが小さいと気道が狭くなりがちで
空気が通りにくくなります。
またもともと舌が大きい、口の奥にある扁桃(へんとう)が大きい、
口蓋垂(こうがいすい)が長いといった人に
肥満や飲酒、鼻詰まりなどが加わると
睡眠時に舌の付け根や口蓋垂が落ち込んで気道が完全に塞がり、
無呼吸が起こるといわれています。


■眠時無呼吸症候群

医学的な定義では
睡眠中10秒以上息が止まることを“無呼吸”といい、
無呼吸にはならないけれども、
止まりそうな弱い呼吸を“低呼吸”といいます。
1時間あたり無呼吸と低呼吸の回数が5回以上で、
日中の眠気や倦怠感を伴う場合を睡眠時無呼吸症候群といいます。


■睡眠時無呼吸と脳卒中

睡眠時に呼吸が止まるとそのままでは命に関わるため、
私たちの体は呼吸を再開するように脳を起こします。
これは“覚醒反応”と呼ばれます。
この覚醒反応が頻繁に起こると
睡眠がたびたび中断され深い睡眠がとれなくなります。
昨晩、十分に寝たはずなのに朝疲れた感じで目が覚め、
日中、眠気やだるさを自覚するのはこのためです。
また、覚醒反応が起こると交感神経が刺激を受けて
心臓や血管に負担がかかり、
血圧の急激な上昇や変動が起こります。
さらに、無呼吸により低酸素状態になると
それを解消すべく赤血球が増加します。
すると血液は粘り気を増し、血流も減少するため
血管内が詰まりやすくなります。
このような覚醒反応による交感神経の刺激と
低酸素状態により脳卒中が起こるとされています。
睡眠時無呼吸があると健康な人と比べて
脳卒中のリスクが約3.3倍にもなるといわれています。

下痢

 
今回、下痢についてお話を伺ったのは、
福岡赤十字病院 副院長の青柳邦彦(あおやぎ くにひこ)先生です。


■下痢とは

下痢とは便の水分量が増して泥や水のようになった状態のことで、
多くの場合は排便の回数も増えてきます。
理想的とされる便の水分量は70〜80%で、
80〜90%になると軟便、
90%を超えると下痢の状態になります。


■下痢の仕組み

腸の内容物は腸のぜん動運動によって肛門へ運ばれる間に
腸壁から水分が吸収されて適度な固さの便になります。
ところが、何らかの原因でぜん動運動が過剰になると
腸の内容物が急速に通過するため、
腸壁から水分が十分に吸収されずに下痢を引き起こします。
また腸のぜん動運動に異常がなくても、
腸壁から水分が十分に吸収されなかったり、
腸からの分泌物が増えたりすると、
腸内の水分が異常に増えて下痢になります。


■下痢の種類

医学的には症状が2週間以内に治まる場合では急性下痢、
4週間以上続く場合では慢性下痢と判断されます。
急性下痢の主な原因は暴飲暴食や胃腸の冷え、
食中毒、牛乳、薬剤の副作用、食べ物のアレルギーなどで、
その多くは下痢によって原因となる物質が排泄されると
自然に回復していきます。
一方で、慢性下痢のおよそ7割は過敏性腸症候群が原因で、
腸に異常が見られないにもかかわらず、
腹痛や腹部の不快感とともに下痢や便秘を繰り返します。
過敏性腸症候群は感染性腸炎にかかった後の免疫の乱れ、
他 ストレスなどによって生じる病気で、
日常生活に支障をきたすこともありますが命に別状はありません。


■注意したい下痢

慢性下痢の原因で特に注意すべきなのが、
難病に指定されている潰瘍性大腸炎や
クローン病といった炎症性腸疾患で、
大腸や小腸にできた粘膜の傷から水分が漏れやすくなって
下痢を引き起こします。
他にも膵臓の機能が低下する慢性膵炎では、
病状が進むと脂肪を分解する消化液の分泌が少なくなるため
脂肪が吸収されず下痢が続きます。
さらに大腸がんは初期にはほとんど自覚症状がありませんが、
進行すると小さく途切れるような細い便になったり、
下痢と便秘を繰り返して便に血が混じったりすることがあります。


■女性の下痢では

女性では生理中に下痢を起こす人が少なくありません。
この時期に分泌される女性ホルモンには
経血を体外に押し出すために子宮を収縮させる働きがあります。
ところがその作用が子宮だけではなく大腸にも影響を及ぼすため、
大腸の収縮が活発になって下痢を引き起こすと考えられています。


■下痢になったら

下痢になると急性・慢性にかかわらず
体内の水分が余計に失われるため、
経口補水液やスポーツドリンクなどで
水分補給を心がけることが大切です。
特に子どもやお年寄りは脱水症状が急に進むことがあるので
注意が必要です。
また下痢は体にとって有害なものを排出しようとする働きでもあるので、
むやみに市販の下痢止めを服用すると
有害なものを排出できずに体内にため込むことになり、
かえって症状を長引かせてしまうことがあります。
下痢が長く続いたり体重の減少や
血便、腹痛を伴ったりする場合は、
早急に治療すべき病気が隠れている可能性があるので
早めに消化器内科を受診して検査を受けることが大事です。

C型肝炎

 
今回、C型肝炎についてお話を伺ったのは、
国立病院機構 九州医療センター 消化器内科 医長の
中牟田誠(なかむた まこと)先生です。


■C型肝炎とは

C型肝炎とはC型肝炎ウイルスに感染して
肝臓に炎症が起きる病気です。
そして肝硬変や肝がんといった深刻な状況に進行します。
しかしながら最近では治療薬の開発が進んで、
きちんと治療さえ受ければほとんどのC型肝炎が治る時代になりました。


■C型肝炎の現状

今、日本では年間およそ5万人が
肝がんをはじめとする肝臓疾患で亡くなっていますが、
そのうちの7割程度がC型肝炎に由来すると考えられています


■C型肝炎の感染ルート

C型肝炎は血液を介して感染するので、
カミソリなど血液が付着する可能性があるものの共用は避けるべきですが、
普段の生活の中で握手をする、食器を共用する、
同じ湯船で入浴するなどで感染することはありません。
また具体的な感染の原因としては
C型肝炎ウイルスが発見される前に
輸血や血液製剤の使用を受けたことや、
注射針が使い捨てになる前の時代に
注射針を何度も使用していたことなどが考えられています。
C型肝炎はそのような背景から40代以上の人に多いとされています。
現在の医療機関ではこのような感染はありません。


■感染すると

C型肝炎ウイルスに感染すると
7割から8割の人が慢性肝炎になります。
そのうち3割から4割で20年程度をかけて肝硬変へ進行、
さらに肝硬変になると年間およそ7%で
肝がんが発生するとされています。
肝臓は“沈黙の臓器”といわれ、
C型肝炎でも特有の自覚症状はほとんどありません。
会社や自治体、人間ドックでの血液検査の結果から
ウイルスに感染していることが分かる場合が多いようです。


■注意点

全国でC型肝炎の患者さんは150万人ほどいるといわれています。
3分の1が病院にかかっている人、
3分の1が感染を知っているけど病院にかかっていない人、
3分の1が検査を受けたことがなく、
自分が感染していることを知らない人です。
ですからC型肝炎の3分の2、
およそ100万人もの人が病院に行っていないことになります。


■C型肝炎の治療

C型肝炎治療の基本はウイルスを排除する抗ウイルス療法です。
この抗ウイルス療法は年々目覚しい進歩をとげています。
現在はインターフェロンという副作用の強い注射は使わずに
飲み薬だけで治療します。
ですから副作用はほとんどなく入院する必要もありません。
現在、C型肝炎は12週間の外来治療で
95%以上の人が完治するとされています。
また今年中には8週間と、
さらに短い期間の治療薬も登場する予定になっています。


■まとめ

ここ10年以内にはC型肝炎はむしろ
“珍しい病気”になると考えられています。
当然それに伴って肝がんも減ってくると思われます。
その一方で、自分が感染していることを知らない人も
まだまだたくさんいるのも事実です。
世の中からC型肝炎を完全になくすためにも、
ぜひ一度、お住まいの地域の医療機関や保健所で検査を受けて、
もしC型肝炎があれば必ず治療を受けてください。

子どものはしか

 
今回、はしかについてお話を伺ったのは、
九州大学大学院 医学研究院 成長発達医学分野 教授の
大賀正一(おおが しょういち)先生です。

■はしかとは

はしかは医学的には麻疹(ましん)と呼ばれ、
麻疹ウイルスに感染して発症する感染症です。
生後6ヵ月以降から幼稚園にかけての子どもが
特に感染しやすいとされています。
以前に比べて国内ではしかに感染する機会は減少していますが、
海外ではワクチン接種率が低い発展途上国を中心に
未だに流行していて、
最近では海外へ渡航中に感染して帰国後に発症し、
国内で感染を拡げる事例が問題となっています。
はしかは重症化すると命にかかわる合併症を引き起こす恐れがあり、
医療関係者の間では感染症の中でも
特に危険な病気として認識されています。


■感染すると

麻疹ウイルスに感染するとおよそ10日間の潜伏期間を経て38度ほどの発熱、
咳、鼻水、くしゃみなど、風邪によく似た症状が現れます。
この時期はカタル期と呼ばれ
乳幼児の場合は下痢や腹痛を伴うこともあります。
また頬の裏側に1ミリ程度の白い斑点が出現するコプリック斑は、
はしか特有の症状で診断の手がかりになります。
その後、発熱はいったん治まりますが
すぐに、高熱が出て発疹期に入ります。
顔や首に現れた赤い小さな発疹は2日ほどで全身に拡がり、
高熱が3日から4日ほど続きます。
やがて熱が下がり始め全身の状態が快方に向かう回復期になると、
発疹も次第に茶色く色素沈着して数週間で消えていきます。
はしかは重症化しなければ
発症後1週間から10日ほどで自然に治りますが、
根本的に治す治療法はなく、
いったん発病すると症状を和らげる対症療法で
自然治癒を待つしか方法がありません。


■はしかの合併症

はしかにかかると全身の免疫力が低下するため
他の細菌やウイルスに感染しやすくなり、
患者さんの約3割が何らかの合併症を起こすといわれています。
合併症のおよそ半分は肺炎、
ほかにも頻度は低いものの脳炎が合併することもあり、
この2つの合併症は、はしかの2大死因になっているため
特に注意が必要となります。
また脳炎は一命を取り留めても
およそ3分の1に中枢神経系の後遺症が残り、
極めてまれにはしかにかかってから10年ほど経過して
脳炎を発症することもあります。
他にも肺炎に次いで多い中耳炎や、
乳幼児に多いクループ症候群という、
のどの周囲に炎症を起こす合併症がありますが、
これらの合併症は大事に至る事はないと考えられています。


■感染後の経過

はしかは空気感染によって拡がる代表的な感染症で、
他にも飛沫感染や接触感染など
さまざまな感染経路によって人から人へとうつります。
はしかに感染した人は発症する1日前から
発疹が出た後の4〜5日くらいまでの間、
体内のウイルスを周囲に拡散させることが分かっています。
そのため熱が下がっても
3日間は学校や幼稚園への出席が禁じられています。
はしかは非常に感染力が強く、
免疫のない人は90%以上が発症するなど、
その感染力はインフルエンザの10倍以上ともいわれています。


■はしかの予防対策

はしかの原因となる麻疹ウイルスは非常に小さいので、
マスクで予防するには難しいとされています。
唯一の予防方法はワクチン接種で免疫を獲得して感染を防ぐことです。
はしかは患者の命を危険にさらすだけではなく、
妊婦が感染すると早産や流産のリスクが高まることから
感染を拡大させないことが大切です。
ワクチン接種には個人の免疫獲得に加えて、
はしかを流行させないという社会的な意義もあります。


■ワクチン接種について

はしかのワクチン接種は1歳の時と
小学校入学前1年間の2回が無料となっているので、
十分な免疫を獲得するためにはきちんと2回接種しましょう。
子どもはもちろん大人でも1回しかワクチンを打っていない人は、
2回接種しておくことが望まれます。
ただしワクチンの供給の問題のため、
大人は希望者全員が接種できるわけではなく、
海外のはしか流行地へ行かれる人や、
乳幼児や妊婦さんと接触する機会が多い人は、接種が勧められます。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます