KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

リンク:福岡恋愛白書12 Bru-ray

KBC共通メニューをスキップ:このページの本文へ飛ぶ

ここから本文です

九州スピリット

毎週土曜 よる11:06~11:12放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

番組紹介動画を見る

次回予告

2017年04月01日(土)元祖ふりかけ(1)ふりかけ誕生の地・熊本

2017年03月25日

水郷に受け継がれたスピリット田中吉政


かつて柳川を治めた田中吉政。彼は町中に水路を張り巡らせ、水郷と呼ばれる現在の柳川の礎を作りました。ところが、時代の移り変わりとともにこの美しい水路は消滅の危機を迎えます。今週は、柳川のお殿様が築いた水郷を守るために奮闘した人々のスピリットに迫ります。

1601年(慶長6年)、筑後一国の領主として柳川に入った田中吉政。彼が再整備した水路(掘割)は、日本が高度成長期を迎えた昭和30年代から消滅の危機を迎えます。生活排水が流され続けた結果、水路は汚染されヘドロがたまり、ついには水路の埋め立て計画が持ち上がったのでした。

柳川のシンボルだった水路を無くす訳にはいかない。立ち上がったのは、埋め立て計画を任された柳川市の職員・広松伝氏でした。彼は市長に計画の見直しを直談判し、地元の住民に水路の存続を懸命に訴え続けました。

やがて、その熱意に埋め立て推進派だった住民たちも心動かされ、水路の浄化作業が始まったのです。そして、3年2か月の歳月をかけ、実に37キロに及ぶ水路が、流れを取り戻したのです。水郷・柳川が、地元の人々の手で守られたのです。
この地を豊かにするために水郷を築いたお殿様のスピリットは、これからも柳川の人々によって受け継がれていくことでしょう。

このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます