KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる11:10~11:15放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

番組紹介動画を見る

次回予告

2018年10月27日(土)中村研一・琢二(4) 大きなクスの木の下で

2017年10月07日

久留米が生んだ二人の画家青木繁と坂本繁二郎


秋は、スポーツや食欲を満喫するとともに芸術に親しむ季節でもあります。
かつて福岡には、日本の洋画界に大きな足跡を残した二人の画家がいました。青木繁と坂本繁二郎。同じ時代に同じ故郷で生まれた二人は、常に比較され続けました。
今月は絵の世界に生きた二人の画家の数奇な人生に迫ります。


JR久留米駅。九州新幹線側の駅前には、二人の画家の代表作が陶板となって展示されています。
「海の幸」と題された作品を描いたのは青木繁。一方、「放牧三馬」と題された絵は坂本繁二郎。

日本の洋画界に大きな足跡を遺した二人は、明治15年に久留米で生まれ、高等小学校では同級生の間柄でした。
しかし洋画家として二人が歩んだ人生は対照的でした。青木繁が代表作「海の幸」を描いたのは22歳の時、片や、坂本繁二郎が「放牧三馬」を描いたのは40歳でした。年齢も出身地も同じだった二人は、いつしかこんな言葉で比較されるようになったのです。
「早熟の青木」、「晩成の坂本」。

さらに二人と共通の友人だった梅野満男は、早熟と晩成な二人の関係をこう評していました。
「青木は天に住み、坂本は地に住む」。

戻る

最近の記事

2018年10月20日
自然体を貫く 弟・琢二
2018年10月13日
エリート画家 兄・研一
2018年10月06日
宗像が誇る兄弟画家
2018年09月30日
現代に遺したもの
2018年09月23日
龍馬の夢を手助け!?
2018年09月15日
試練を越えて
2018年09月08日
運命に導かれた写真家への道
2018年09月01日
日本人プロカメラマンの先駆け
2018年08月25日
命をつないで
2018年08月18日
栄光と悲劇

ナレーター

  • 加藤恭子
  • 居内陽平
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます