KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

リンク:HAWKS2017DVD 11月23日先行発売

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる10:59~11:05放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

番組紹介動画を見る

次回予告

2017年11月25日(土)唐津くんち(4)故郷の伝統と誇りを繋ぐまつり

2017年11月05日

ユネスコに認定された祭り唐津くんち


九州には毎年11月がやってくるのを心待ちにしている町があります。それは佐賀県唐津市。
11月開催の「唐津くんち」では色鮮やかな14台の曳山(ヤマ)が町を颯爽と駆け抜ける姿には地元だけではなく、多くの観光客も魅了されます。今月は、この歴史あるお祭りに秘められた唐津っ子のスピリットに迫ります。


「唐津くんち」は、毎年11月2日の宵山から始まります。灯りに照らされた14台の曳山が、展示場から一年ぶりに命を吹き返したように輝きながら町中を巡ります。
翌日は、唐津神社から御旅所がある西の浜へ、14台の曳山がお神輿のお供をします。御旅所に着いた曳山の車輪が砂地に食い込む中、曳き子たちが懸命に曳山を引く姿はまさに圧巻です。
最終日には、町周り(翌日祭)が行われます。夕方まで町中を巡行した曳山は、再び展示場に収められますが、曳き子たちは、別れを惜しみながら展示場までの道を巡行するのです。

「赤獅子」や「鯛」、そして「兜」などを象った曳山は、実は、漆が施されていて、乾漆の工芸品としては世界最大級と言われています。
さらに昨年、ユネスコの無形文化遺産に「山・鉾・屋台行事」が登録されましたが、九州から5つの行事が登録されたうちのひとつが、この「唐津くんち」なのです。

戻る
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます