KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる11:10~11:15放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

番組紹介動画を見る

次回予告

2018年10月27日(土)中村研一・琢二(4) 大きなクスの木の下で

2017年11月11日

くんちの起源唐津くんち


「唐津くんち」の起源は、唐津神社の祭神が神輿でお旅所に渡る神幸祭として、17世紀後半には行われていたとされています。「くんち」といえば、長崎や博多にもあるお祭りです。

「くんち」という名前の由来は、秋の収穫に感謝する日を表す「供日(くにち)」と、神社へ祭礼する日を表す「宮日」(くにち)。さらに旧暦の9月9日に重陽の節句が行われていたことから「9日(くにち)」が北部九州の方言で「くんち」になったなど、語源については様々な説があります。

それぞれの地域で、独自の祭り文化を築いていった「くんち」。「唐津くんち」の最大の特徴といえば、何といっても世界最大級の漆工芸品といわれる曳山です。
色漆を塗り金箔で仕上げるという豪華絢爛な曳山がお目見えしたのは、江戸時代後期の文政2年のこと。一番町の刀町が「赤獅子」を作ったのが始まりだそうで、以来、明治9年まで59年かかって各町の曳山は、現在のものとなったそうです。

実は、この豪華な「唐津くんち」の曳山には、唐津町人たちの溢れんばかりのパワーが込められていたのです。

戻る

最近の記事

2018年10月20日
自然体を貫く 弟・琢二
2018年10月13日
エリート画家 兄・研一
2018年10月06日
宗像が誇る兄弟画家
2018年09月30日
現代に遺したもの
2018年09月23日
龍馬の夢を手助け!?
2018年09月15日
試練を越えて
2018年09月08日
運命に導かれた写真家への道
2018年09月01日
日本人プロカメラマンの先駆け
2018年08月25日
命をつないで
2018年08月18日
栄光と悲劇

ナレーター

  • 加藤恭子
  • 居内陽平
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます