KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる11:10~11:15放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

番組紹介動画を見る

次回予告

2018年10月27日(土)中村研一・琢二(4) 大きなクスの木の下で

2017年12月09日

国の行く末を憂えた歌人・野村望東尼野村望東尼


幕末時代、新たな時代を築くために奔走した勤王の志士たちを懸命に支えた女性が福岡にいました。歌人・野村望東尼。今週は、彼女が勤王の精神に目覚めた背景に迫ります。


幕末時代、野村家に嫁いでいたモトが出家したのは、夫・野村新三郎貞貫(さだつら)が亡くなった54歳の時、彼女は「招月望東禅尼」(しょうげつぼうとうぜんに)の法名を得ました。

夫が亡くなって2年後、彼女は念願の大阪・京都への旅に出ます。この時、京の都は急激な展開を迎えていました。
「この国は今、大きく変わろうとしている」。
時代の流れを肌で感じた望東尼は、福岡へ戻ると、天皇を中心とした時代を築こうと考えていた福岡藩士たちと深く関わるようになります。
勤王思想に共鳴した彼女は、志士たちを手助けするようになります。その活動内容は次の三つでした。
(1)京都の知人へ、上京する志士たちを紹介する事。
(2)京都との手紙のやり取りで得た情報を福岡の志士たちに伝えること。
(3)さらに、諸藩の志士たちをここ平尾山荘に匿ったり、捕らえられた志士を和歌で励ますことでした。

勤王の志士たちとって活動拠点となった平尾山荘には福岡の平野國臣や中村円太の他、あの高杉晋作も一時期滞在していました。

戻る

最近の記事

2018年10月20日
自然体を貫く 弟・琢二
2018年10月13日
エリート画家 兄・研一
2018年10月06日
宗像が誇る兄弟画家
2018年09月30日
現代に遺したもの
2018年09月23日
龍馬の夢を手助け!?
2018年09月15日
試練を越えて
2018年09月08日
運命に導かれた写真家への道
2018年09月01日
日本人プロカメラマンの先駆け
2018年08月25日
命をつないで
2018年08月18日
栄光と悲劇

ナレーター

  • 加藤恭子
  • 居内陽平
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます