KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

PAO~N生誕35周年記念グッズ7月2日(月)午前11時~先行予約開始!

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる11:10~11:15放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

番組紹介動画を見る

次回予告

2018年06月30日(土)鍋島直正(5)稀代のリーダーが起こした奇跡

2018年01月27日

維新の原動力となった郷中教育スピリット薩摩の郷中教育



藩内に「郷中(ごじゅう)」という自治組織を作った薩摩藩は、そこで暮らす青少年たちを年齢ごとにグループに分けし、年上の先輩が後輩たちに学問から武術に至るすべてを教える「郷中教育」という制度を確立しました。
親や教師でなく地域の先輩が後輩を教えたこのシステムは、学問や武術だけでなく、人間としての正しい生き方も厳しく教えています。

「嘘を言うな」。「弱い者をいじめるな」。「負けるな」。

しかし、その一方で郷中教育では、先輩が提示した問題に対し、解決策をみんなで考える機会を常に設けていました。

「道で侮辱された時にどうするか?」「殿様の用事で急いでいるが、籠でも間に合わない時どうするか?」

現実に起こり得ることを常に想定しながら判断力や決断力を養う知恵を少年時代から養っていた。その知恵がやがて明治という新しい時代を拓く時に華開いたと言われているのです。
維新三傑に名を連ねた西郷と大久保も、海軍大将の東郷や陸軍大将の大山も、この地で郷中によって学びました。今年150年目を迎える明治維新は、「郷中教育」で育った男たちが成し遂げた奇蹟なのです。

戻る

ナレーター

  • 加藤恭子
  • 居内陽平
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます