KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる11:10~11:15放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

番組紹介動画を見る

次回予告

2018年12月22日(土)高千穂の夜神楽(4)ひむかの郷に伝わるもの

2018年02月10日

旅人を懇ろにせよ油屋熊八



別府観光の父と呼ばれた油屋熊八は、今から155年前の1863年、別府とは豊後水道をはさんだ対岸の愛媛県宇和島で生まれました。実家が裕福な米問屋だった熊八は、27歳で町会議員に当選すると、30歳の時に大阪で米の相場師となり大成功を収めます。
ところが日清戦争後の経済動乱で相場に失敗。全財産を失った彼は、再起をかけ妻を残して、単身アメリカへと向かったのです。しかし、何のつてもなく渡米した彼に待っていたのは、その日の食事にも困るほどの生活でした。

3年に及ぶ放浪生活の末、帰国。熊八は新天地を求め、妻とともにこれから温泉で発展の可能性がある別府へとやってきました。やがて別府の地で、亀の井旅館を開業した熊八は、渡米中に出会った言葉を思い出します。

「旅人を懇ろ(ねんごろ)にせよ」。
この言葉は、アメリカで出会った日系人牧師から教えられた新約聖書に書かれた一説でした。「懇ろにせよ」とは、心を込めておもてなしをせよ、と言う意味です。
別府で旅館業を始めた熊八は、訪れる旅人を精一杯の誠意でもてなすために、様々なアイデアを考案し実現していったのです。
そして観光地作りを成功させた一方で、熊八には生涯大事にしたもうひとつの事業がありました。

戻る

最近の記事

2018年12月15日
四つの舞い
2018年12月08日
ルーツは日本神話
2018年12月01日
800年続く神事
2018年11月24日
未来に響く号砲
2018年11月17日
人知れず 民家に伝承
2018年11月10日
威力を誇った砲術隊
2018年11月03日
小京都に伝わる砲術
2018年10月28日
大きなクスの木の下で
2018年10月20日
自然体を貫く 弟・琢二
2018年10月13日
エリート画家 兄・研一

ナレーター

  • 加藤恭子
  • 居内陽平
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます