KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる11:10~11:15放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

番組紹介動画を見る

次回予告

2018年12月15日(土)高千穂の夜神楽(3)四つの舞い

2018年02月24日

受け継がれるおもてなしの心油屋熊八



昨年7月、別府市内にある遊園地「別府ラクテンチ」でユニークなイベントが開催されました。その名も「湯〜園地(ゆ〜えんち)」。浴槽をしつらえたメリーゴーランドや、座席に泡を敷き詰めたジェットコースターなど、まさに温泉地に誕生した夢の遊園地は、開催3日間で訪れた人を大いに楽しませました。
これは、別府市が制作したPR動画がインターネット上で100万アクセスを突破したら実現するという公約から始まったもので、わずか3日間で達成したアクセス数に応えてのイベントでした。水着を着て温泉を浴びながら遊べる遊園地なんて、油屋熊八も描けなかったでしょう。

今から約100年前、日本一の湧出量を誇る別府の町に観光客を呼ぶために、彼は温泉地獄を作り、その地を案内する女性バスガイドを日本で初めて誕生させ、富士山の山頂にキャッチコピーを記した標柱も建てました。そして、別府に多くの観光客がやってくるようになると、今度は、長期滞在型のリゾート地を作るために、別府の奥座敷として由布院温泉を開拓。

すべては、訪れる人に心をこめておもてなしすること。
アメリカでの放浪生活中に出会った「旅人を懇ろにせよ」という聖書の言葉が、彼を突き動かした原動力でした。
別府観光の父と呼ばれた実業家・油屋熊八が遺したおもてなしの心は、世紀を越えて、別府の人々に受け継がれています。

戻る

最近の記事

2018年12月08日
ルーツは日本神話
2018年12月01日
800年続く神事
2018年11月24日
未来に響く号砲
2018年11月17日
人知れず 民家に伝承
2018年11月10日
威力を誇った砲術隊
2018年11月03日
小京都に伝わる砲術
2018年10月28日
大きなクスの木の下で
2018年10月20日
自然体を貫く 弟・琢二
2018年10月13日
エリート画家 兄・研一
2018年10月06日
宗像が誇る兄弟画家

ナレーター

  • 加藤恭子
  • 居内陽平
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます