KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる11:10~11:15放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

番組紹介動画を見る

次回予告

2018年11月24日(土)秋月の大筒(4)未来に響く号砲

2018年04月28日

復興へ!行動する思想家からのエール横井小楠



幕末、肥後藩の思想家だった横井小楠。
晩年は、熊本に戻り私塾を開、四季の移ろいを愛でることが出来ることから「四時軒(しじけん)」と名付けたこの私塾には、坂本龍馬も度々訪れ、大好きな酒を酌み交わしながら日本の未来を語り合ったといわれています。
しかし小楠は、龍馬が暗殺された2年後、同じ京都で過激派に襲われ61歳の生涯を閉じました。ともに明治という新たな時代を切り開いた二人は、実際にはそれを見ることなくこの世を去ったのです。

その後、小楠が開いた四時軒は大切に残され、隣接する場所に記念館も設立されていました。ところが2年前の熊本地震で四時軒と銅像は崩壊し、記念館も使用出来ない状況になりました。それでも地元の有志たちによって、今年2月に銅像は復元。記念館も復旧に向けて準備が進められています。

実際に役に立つ学問・実学の思想を提唱し、幕末の日本を明治という新たな時代へ導いた横井小楠。
「困難に直面した時こそ、古い考えに執着せず、自分自身が行動して最善策を見出そう」
復興を目指す熊本の人々に、そして現代を生きる私たちに行動する思想家は、そんなエールを贈っている気がします。

戻る
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます