KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる11:10~11:15放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

番組紹介動画を見る

次回予告

2019年04月27日(土)からし蓮根(4)元気を与える郷土料理

2018年09月01日

日本人プロカメラマンの先駆け上野彦馬



街中では当たり前の光景となった携帯機器での写真撮影。今や誰もが手軽に写真を撮ることが出来る時代になりましたが、日本で最初に写真技術を広めた一人は、九州・長崎の出身だったのです。その人の名は上野彦馬(うえのひこま)。
今月は、日本人プロカメラマンの先駆けとして、写真に人生を懸けた男の実像をたどります。

かの薩長同盟や大政奉還を成し遂げた土佐の坂本龍馬。騎兵隊を結成した長州の高杉晋作。明治維新から150年目を迎える今年、目にする機会が多くなった彼らの写真を撮影した人物が上野彦馬です。
長崎出身の彦馬が地元に写真館を開設したのは、幕末の1862年のこと。フランスで世界初の写真機が発明されてから、およそ20年後のことでした。

彦馬が開設した写真館には長崎という土地柄もあり、幕末の志士や、居留していた外国人など多くの人が訪れました。数多くの写真を撮影した彦馬は職業写真家の第一人者といえる存在。また彦馬は人物以外にも長崎の風景を撮影したほか、明治以降は西南戦争を撮影し日本初の従軍カメラマンにもなりました。
そんな彦馬にとって写真との出会いは、まさに運命の導きとも言えるものでした。

戻る

ナレーター

  • 加藤恭子
  • 和田侑也
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます