KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる11:10~11:15放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

番組紹介動画を見る

次回予告

2019年05月25日(土)名島城(4)現代に受け継がれる遺産

2018年12月01日

800年続く神事高千穂の夜神楽



街に鮮やかなイルミネーションに照らされるこの時期、山間の静かな村里で、夜通し神楽を奉納する神事が九州にはあります。宮崎県高千穂町に伝わる夜神楽。
今月はおよそ800年にわたって守り続けられた「高千穂の夜神楽」に迫ります。

宮崎県の北西部に位置する高千穂町。九州山地の中央部に広がるこの地は、古くから神様が降りてきた天孫降臨の地とされ、近年ではパワースポットとしても人気を集めています。
「高千穂の夜神楽」は、毎年11月の中旬から翌年の2月にかけて、二十の集落で奉納される神事で、その歴史は約800年といわれています。
それぞれの集落で、「神楽宿(かぐらやど)」となった民家や公民館に氏神様を招き、三十三番に及ぶ神楽を夜通しで奉納する神事です。

「高千穂の夜神楽」は昭和53年(1978)に国の重要無形文化財に指定されました。三十三番にも及ぶ神楽には、ここ高千穂の地に刻まれた日本神話のルーツがありました。それは、「日向(ひむか)の郷」と呼ばれる宮崎の人々が代々守り続けてきた、誇るべきルーツなのです。

戻る

ナレーター

  • 加藤恭子
  • 和田侑也
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます