KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる11:10~11:15放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

次回予告

2019年05月25日(土)名島城(4)現代に受け継がれる遺産

2019年02月23日

世界のムラコソが繋いだ夢村社講平



ベルリンオリンピックの陸上1万メートルと5千メートルで4位に入賞した村社講平は、現役の引退後、新聞社に就職して、全国高校駅伝や全国実業団対抗大会などの創設に尽力します。そして75歳になった村社の元に、オリンピック金メダリストから連絡が入ったのです。

それはオリンピック2大会で4つの金メダルを獲得したチェコのエミール・ザトペック選手でした。実はザトペック選手は、少年時代にベルリン大会での村社の走りを映像で見ていたのです。
「村社は自分を陸上競技へ導いてくれた存在」
そう語ったザトペックは、1981年に日本を訪れ、憧れの村社講平と一緒に走るという夢を叶えました。

その後、村社は92歳で亡くなるまで長距離ランナーの育成に励みました。
母校である赤江小学校の教室には、彼の言葉が掲げられており、さらに校内に功績を湛えた記念碑があります。
「オリンピックの覇者に天才なし」
それは「世界のムラコソ」が常に言い続けた言葉でした。

戻る

ナレーター

  • 加藤恭子
  • 和田侑也
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます