KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる11:10~11:15放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

次回予告

2019年05月25日(土)名島城(4)現代に受け継がれる遺産

2019年03月30日

後世に遺した遊び心辰野金吾



2012年に、約100年ぶりにリニューアルされた辰野設計の東京駅。その八角形のドーム型天上の角には、丑や寅、辰など8つのレリーフを施されていました。
しかし、東京駅には十二支のうち、残りの四つの干支が無く、長い間謎とされてきたのです。ところが意外な場所から残りの干支が発見されたのです。

それは東京駅から遠く離れた佐賀県にある武雄温泉の楼門。実はこの楼門も辰野が設計した建物ですが、楼門の天井を見ると・・・なんと干支の絵が描かれてます!
建築以来100年余り、知られることのなかった干支の絵でしたが、2013年に偶然見つかったそうです。
でも、どうして二つの建物に干支を分けたのでしょうか?

近代的な東京駅と、釘を一本も使っていない楼門。新たな技法も伝統もどちらも大切にするべきという辰野金吾のメッセージが、遊び心として遺されたのではないか、といわれているそうです。

インバウンドで世界中から多くの観光客が訪れている佐賀県。願わくば、この地から日本建築界のレジェンドが生まれたことを、多くの人に知ってほしいものです。

戻る

ナレーター

  • 加藤恭子
  • 和田侑也
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます