KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

九州スピリット

毎週土曜 よる11:10~11:15放送 歴史、文化、祭りの宝庫、九州。それぞれの風土のもとに育まれた過去は実に多彩です。郷土の過去とそこに秘められた九州人のスピリットを知って、ふるさとへの愛を感じてください。

次回予告

2019年05月25日(土)名島城(4)現代に受け継がれる遺産

2019年04月06日

門外不出の特産品からし蓮根



熊本地震から3年―。街のシンボル・熊本城では改修工事が進んでいます。その熊本城ともゆかりの深い特産品がご当地グルメとして知られる「からし蓮根」です。今月はからし蓮根にまつわるエピソードを紐解きます。

熊本県を代表するご当地グルメとして今や全国的にも知られる「からし蓮根」。
蓮根が全く見えないほどの衣が覆うなど、見た目は少し変わっています。衣の色も黄色ですがこれは辛子の色ではなく、その正体はクチナシの色素などを混ぜているから。ただし蓮根の穴の中には、辛子味噌がびっしりと詰められています。
口に入れると蓮根のシャキシャキとした食感と、ツーンと鼻に抜ける辛子味噌が相まって、御飯のおかずとしてはもちろん、お酒にもよく合います。

現在、このからし蓮根は専門店を中心に熊本県内におよそ50店舗もあるほどで、今も親しまれる郷土料理です。
でも実はかつては一般の人は口に出来ない食べ物だったんです。その理由は、からし蓮根が誕生したきっかけにありました。
今から約400年前、「からし蓮根」はある目的のためにお城の中で作られた門外不出の特産品でした。そこには熊本の殿様が深く関わっていたのです。

戻る

ナレーター

  • 加藤恭子
  • 和田侑也
このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます