九州朝日放送

福岡恋愛白書12 センセイとワタシ/2017年3月24日(金) 夜11時15分~深夜0時15分放送

メッセージ

  • 桜庭ななみ

    桜庭 ななみ

    今回、先生に恋をする女の子・吉瀬瑞季を演じました。実話をもとにしたストーリーという事もあって、ドキドキしながら撮影をしていました。
    こんなに他人に対して熱く向かってくれる先生。不器用ながらも想いを先生に伝える瑞季。このストーリーを演じながら、2人の関係がコミカルであり、可愛くもあり、ロマンチックにも感じました。
    そして今回撮影させて頂いた朝倉市が素敵な場所で、朝倉市の皆さんも本当に温かく迎えてくださり、楽しく撮影をする事ができました。
    朝倉で食べた柿が美味しかったです!皆さん、ぜひドラマ見てくださいね。

  • 桐山 漣

    桐山 漣

    実話だと知った当初はこんな素敵な恋愛があったんだと、驚かされました。
    気持ちにストレートな女の子とドSな先生の恋の物語、ラブコメな要素もあるので笑って楽しんで観ていただけるはずです。
    先生が瑞季と出会ってからの心の変化も見どころです。ご期待ください。

  • 早瀬 英里奈

    早瀬 英里奈

    念願だった地元福岡で撮影の作品に出演させて頂いて、本当に嬉しいです。終始博多弁の台詞での撮影は今回が初めてでしたので、とても新鮮な気持ちでした。塔子の葛藤や博多弁の台詞の言い回しについて何度も監督さんとお話をさせて頂きながら撮影に臨みました。少しでも皆様に思いが届きましたら幸いです。
    紅葉が綺麗な季節に秋月で撮影という素敵な機会にも恵まれました。沢山の朝倉市の魅力も楽しみながら見て頂きたいと思います。

  • 佐久間 悠

    佐久間 悠

    他人にとっては、「そんな悩み」と笑われるようなことが、自身の中ではとても大きな悩みであることは宏哉のような高校生に限らず少なくないのではないかと思います。そんな中で、自分のことのように共に悩んでくれる人に出会えると大きな支えになると思います。作中の井手先生はそんな支えになってくれるような存在でした。
    とても心温まる作品です。たくさんの方に見て頂きたいです。

  • 福山 翔大

    福山 翔大

    福岡出身として「福岡恋愛白書」という僕が小学生の頃から知っている作品に参加させていただけた事、素直に嬉しいです。台本に方言が書いてあるだけでワクワクして、ロケ地である朝倉市の緑豊かな風景に癒され、やっぱり福岡最高ばい!と改めて感じました!
    僕が演じた林周平は、高校が男子校出身の銀行員。とてもとてもピュアな男の子です。
    そんな彼がどう絡んでいくのか注目していただけたらと思います!

  • 小川 弾(監督)

    恋愛とは、障害があればあるほど燃え上がるものと言われますが、奥手だったり、自分に自信がない人は少しのことで傷つき、悩み、諦めてしまうというのが実際のところなのかもしれないなと思ったりします。
    ただ、人を想う事とはどういうことか、まっすぐに自分の気持ちに向き合う事ができたなら、大切なモノに気づけるのではないかと思います。人を想うという感情はピュアでとてつもなく素晴らしく、とてもとても大切にして欲しいモノ。
    そんな想いで、スタッフ・キャストと心を込めて作りました。楽しんで頂ければ幸いです。