KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

ルーツを歩こう

第476話「チェーンソーアート」

各局放送時間 KBC(金)よる11時10分~11時12分、NCC(日)よる11時05分~11時10分、KAB(土)よる11時12分~11時15分、OAB(金)よる11時10分~11時15分、UMK(日)よる9時54分~10時00分、KKB(日)よる11時05分~11時10分、QAB(金)よる11時10分~11時15分※各局の放送時間は変更になる場合があります。


マダガスカル

第32話「文化の交錯」(2010年5月7日放送)

フォールドーファンは人口約7万人、農業や漁業で暮らす静かな町です。マダガスカル語の呼び名はタウランニャロなのですが、フランス統治時代の名前であるフォールドーファンを使う事の方が圧倒的に多いようでした。

ドーファン湾に面したビーチからは難破船の残骸が見られ、天気の良い日には海水浴の人でにぎわいます。マダガスカル人の最初の祖先は、1世紀前後に東南アジアから船で来た人たちだとされていますが、以後もアフリカ大陸やアラブ地域からの移民もあったようです。そして最後に来たのがヨーロッパ人でした。

『マダガスカル』という国名はマルコ・ポーロの東方見聞録が元になっているとの事なのですが、これがなんと勘違いから来たもので、マルコ・ポーロはアフリカの『モガディシュ』という地名を『マディガスカル』と誤って綴り、かつそれを島だと記してしまったのだそうです。

その後アフリカ東部に巨大な島がある事がわかり、当時のポルトガル王はてっきりそれがマルコポーロの言う『マダガスカル』だと解釈し、今に至るという事なんです。何だか不思議な話ですが、ある意味、日本がジャパン(ジパング)と呼ばれるのと相通ずるも
のがあるような気もします。マルコ・ポーロ、恐るべしです。

関連情報

マダガスカル

ページの先頭へもどる

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます