KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

リンク:HAWKS2017DVD 先行予約受付中

KBC共通メニューをスキップ

【人生のS暮らす】観光でも遊びでもなく、佐賀で「暮らす」魅力を様々な住人のライフスタイルを通じてお届けします。

2017年09月09日

佐賀市富士町 古湯温泉をもり立てる元気印女性

古湯温泉にあるリノベーションカフェ
「古湯キッチン10(テン)」のスタッフとして
多忙な日々を送る島内明子さん。
佐賀市出身でイギリスにもいたことのある彼女は、
出会いとご縁から店のオープニングスタッフとなり、
古湯での生活も2年が過ぎた。




佐賀県富士町古湯地区には県内外からの移住者が増えていて、
2016年4月から1年間で14軒の空き家がよみがえった。
いろんな人が集まる「古湯キッチン10」では
おいしい食事はもちろん、移住に関する情報も提供しており、
温泉街には「泊まれる図書館」や「手作り家具店」、
インテリア店が並び、散策ストリートが生まれた。




「山の暮らしはスローライフかと思いきや、
実はやることが多いんですよ」と話す島内さん。
カフェで働くこと以外にも、
地域散策イベントの企画運営なども行っている。



そんな多忙な日常の中で、ふと目にする緑や空、
そしておいしい水が飲めたりする豊かな環境に
古湯の良さを感じているそうです。



島内さんにとっての「S暮らす」、
それは「シンプルな自然のなかでゆっくりと育てていく信頼関係」。
古湯だからそれができていることを島内さんは知っている。