KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡ソフトバンクホークス スタートアップ2018応援パフォーマンスDVD

KBC共通メニューをスキップ

「この命救済に捧ぐ〜カネミ油症42年 被害者たちの闘いの記録」 選奨を受賞

第48回ギャラクシー賞ラジオ部門で、九州朝日放送報道部が制作したドキュメンタリー「この命救済に捧ぐ〜カネミ油症42年 被害者たちの闘いの記録」が選奨を受賞しました。

救済のとき〜カネミ油症42年 被害者たち闘いの軌跡〜
  • 放送日時 :2010年5月31日
  • 制作 :岩村智
  • プロデューサー :濱田克則
  • ディレクター :花田明男
  • ナレーター :宮城さつき
  • 編集 :日野香織
  • 録音 :中嶋知広

1968年に発生したカネミ油症事件の被害者は1万4,000人に上るといわれるが、被害者への公的な救済は行われていない。
番組は、7年前に油症と認定され末期ガンを患う嶽博幸さん、油症と思われる症状が子どもに現れた認定患者の下田順子さんの2人をとおして、救済を求める患者たちの姿を描く。
被害者救済法制定の動きが国会で始まっているが、未認定患者の認定などをめぐり課題は多い。
未解決の問題を丁寧に追った作品である。

ページのトップへ