KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡ソフトバンクホークス スタートアップ2018応援パフォーマンスDVD

KBC共通メニューをスキップ

平成23年日本民間放送連盟賞 ラジオ報道部門最優秀賞受賞について

平成23年日本民間放送連盟賞 ラジオ報道部門で、九州朝日放送報道部が制作したラジオドキュメンタリー「濡れ衣 〜看護師爪切り事件の真相〜」が最優秀賞に選ばれました。

濡れ衣 〜看護師爪切り事件の真相〜
  • 放送日時 :2010年5月30日
  • 制作 :岩村智
  • プロデューサー :大迫順平
  • ディレクター :西村香織
  • ナレーター :児玉育則
  • 編集 :長尾雪絵
  • 録音 :太田正樹

2007年、北九州市で看護師が患者の爪をはいだとして傷害容疑で逮捕された。看護師は容疑を否認したが、衝撃的な事件として報道は過熱し、「爪はぎ看護師」のイメージは定着していった。北九州市も看護師の行為を「虐待」と認定。しかし、3年2ヵ月後に下された判決は『無罪』だった。
なぜ看護師は逮捕され「爪はぎ」の汚名を着せられたのか。番組では事件を検証するとともに、身の潔白を訴え続けた看護師と家族の無罪を勝ち取るまでの闘いを伝える。

ページのトップへ