1年目に聞きました

南 健太郎

南 健太郎

所属:報道局 報道部
出身校:九州大学 文学部

KBCを志望した理由は?

ローカルニュースを仕事にしたかったからです。
幼い頃からテレビが好きで、特に地元がニュースで取り上げられると釘付けになって見ているような子どもでした。学生時代に福岡の放送局でアルバイトをし、改めて放送局で働きたいという気持ちが強くなりました。就職活動ではメーカーなど様々な企業の選考にも参加しましたが、やはり放送局、特に報道部で働きたいという思いは変わりませんでした。
自分が一番好きな街「福岡」で一番地域と密接に関わっている放送局だと感じたことが、KBCを志望した理由です。

写真外に出る機会が多い部署です。この日は北九州で取材でした。

現在の仕事内容について教えて下さい。

希望通り報道部に配属され、現在は警察担当として記者をしています。
事件・事故の現場にいち早く駆けつけ取材を行うと否が応でもアドレナリンが出る感覚がありますが、決してそういうハプニングが好きなわけではありません。それを伝えることで、少しでも悲しい思いをする人が減れば、という気持ちで仕事をしています。逆に、ハッピーなニュースはもっと多くの人に知って笑顔になってほしい、という意気込みで日々働いていいます。とにかく多くの人に情報を伝えられるのが魅力の仕事です。

写真原稿を書いています。仕事中はPCが手放せません。

入社前後で感じたギャップがあれば教えて下さい。

入社前は、毎日忙しくてプライベートの時間なんて持てないのでは…と戦々恐々でしたが、実際にはしっかり休日もあって驚きました。もちろん大きな事件・事故や災害があると報道部が総力を挙げて取材することになりますが、基本的には働く時は働き、休む時は休む職場だったのがギャップかもしれません。また仕事柄、時間に追われることが多くなったのも学生時代との違いです。

写真同期旅行の一コマ。みんなポーズがバラバラなのがいいですね。

KBCのここが「好キ」だ!

大きな仕事を任せてくれるところが「好キ」です。一年生が博多祇園山笠の密着取材をするというのがまさにその典型です。博多を代表するお祭りに、会社の代表としてぶつかります。もちろん力不足で歯がゆい思いをすることも多々ありますが、チャレンジなくして成長はない!と考えると大変ありがたいことだと感じます。

写真山笠の取材で締め込み姿に。様になっているでしょうか?

未来の後輩へメッセージ

世界で活躍する大企業から、縁の下の力持ち的な中小企業まで、タダで話を聞ける機会は就職活動くらいのものです。放送局志望の方は取材の練習だと思って、志望を決めかねている方は興味本位で、色々な企業の説明会に行くことをオススメします。
そんな中でKBCに魅力を感じてもらえるなら、ちょこっと先輩としてとても嬉しいです。

写真部署の先輩方とBBQ。目指せインスタ映え。