1年目に聞きました

輪田 森郎

輪田 森郎

所属:テレビ営業局 営業部
出身校:同志社大学 スポーツ健康科学部

KBCを志望した理由は?

小さい頃からスポーツが大好きで、スポーツ中継は年齢や国籍を超えて多くの人の心を動かすことに魅力を感じ、放送局のスポーツディレクターに憧れていました。というものの、KBC以外に放送局は受けていませんでした。なぜなら心のどこかで、「テレビは斜陽で将来性がない」「不倫など毎回同じ内容を報道し続けるワイドショー番組には辟易だ」という思いがあり、放送局に対してマイナスのイメージを持っていました。しかし、何気なしに足を運んだKBCの会社説明会での、社員さんとの出会いで考えが一変。
将来性がどうこうではなく、テレビやラジオという媒体を通して人の心を動かし、熱い気持ちを持って地元福岡に貢献できることは何事にも変えがたいことだと思い、KBCに入社したいと感じました。(放送局で働くと芸能人に会えるかもしれない、というミーハーな一面もありました。)
KBC以外には、普段よくCMなどで目にするようなBtoCメーカーを中心に受けていました。運がいいことに某メーカーからも内定をいただきましたが、前述した理由からKBCに就職することを決めました。当時は大企業かKBCかで相当悩みましたが、今考えるとKBCを選んで全く後悔はありません。

写真外回りです。話を聞き逃さないようにしっかりメモを取ります。

現在の仕事内容について教えて下さい。

テレビ営業部という部署に所属しています。放送局の営業と聞くと、何をしているのか想像しづらいと思いますが、簡単に言うとテレビCM枠を販売する仕事です。私自身、テレビ営業部に配属されるまで、テレビ営業の仕事を理解できていなかったのですが、配属されてから放送局のお金を稼ぐ重要な仕事だと日々実感しています。前述したように、希望はスポーツ部でした。しかし、社会人として大切なマナーや、放送局の仕組みなどを最前線で学ぶことができ、毎日が学びに溢れとても新鮮です。

写真時にはテレビに出ます。

入社前後で感じたギャップがあれば教えて下さい。

就職活動において放送局を全く見ていなかった為、放送局で働いている人に対してかなり偏ったイメージを持っていました(横柄な人が多いのかな、とかです。笑)。その為、入社してから出会う先輩は、優しくかっこいい方ばかりで、良い意味でのギャップを感じています。また、放送局で働くとプライベートの時間は全くないと思っていたのですが、意外としっかり休めます。営業は暦どおりなので土日祝が休みです。
仕事に対し真摯で誠実に取り組み、遊ぶときはトコトン遊ぶ。本気で働いて、本気で遊ぶという人が多いように感じます。

写真先輩とのランチです。「今日は何をたべようかな」一日の密かな楽しみです。

KBCのここが「好キ」だ!

人の良さです。悪いことは悪いと叱っていただくこともあれば、良いところはちゃんと結果までの過程を見て褒めてくれます。
人に魅力を感じて入社を決めましたが、入社してより一層人の良さを感じています。まだ仕事で先輩にサポートしていくただくことばかりなので、早く一人前になって恩返しがしたいです。

写真BBQです。

未来の後輩へメッセージ

大企業の世の中へ与える影響力は、地元のローカル放送局に比べると計り知れないものなのかもしれません。しかし、「親や友だちなど身近な人の心を動かし、自分が生まれ育った地元福岡を盛り上げる。」これは、大企業ではなくKBCだから実現できることだと思います。就職活動は大変ですが、息抜きも忘れず縁に溢れる就職活動にしてください。
皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています!

写真地元の友だちとの旅行です。