九州朝日放送

メニュー

福岡のニュース

【福岡】JR筑豊線で停電 植木が架線を切断

02/12 18:58 更新

12日朝、JR筑豊線で停電が発生し筑豊線の上下線の一部で約5時間に渡って運転を見合わせました。通行中のトラックに積んでいた植木が架線を切断したとみられています。JR九州によりますと、午前6時15分ごろ、JR福北ゆたか線の陣原‐直方間で停電が発生しました。警察によりますと、停電は、JR鞍手駅近くの踏切を渡っていたトラックの荷台に積まれていた約10メートルの植木が架線に接触し切れたことが原因とみられています。踏切付近には4.5メートルの高さ制限を示すワイヤーが張られていましたが、一緒に切れていました。この影響で、JR筑豊線や鹿児島線の一部で運転見合わせや遅れが発生し、通勤通学客ら約1万5000人に影響が出ました。