自衛隊イラク派遣の日報34日分を新たに発見

04/24 00:05 更新

 小野寺防衛大臣は、これまで公表されていない自衛隊イラク派遣の日報が34日分、新たに発見されたと明らかにしました。  小野寺大臣は「ない」とされていた日報が相次いで発見される事態を受け、今月20日までにすべての部隊や部署で過去の海外派遣の日報など定時報告を探し出すよう指示していました。その結果、1992年のカンボジアPKO(国連平和維持活動)以降、21の海外派遣に関する日報など延べ約4万3000件が確認されました。このなかには、これまで公表されていなかったイラク派遣の日報34日分がありました。また、防衛省は2005年12月にイラクのルメイサで自衛隊の部隊が地元の群衆に取り囲まれた際の報告書を公表しました。車のミラーを壊されるなど緊迫した状況が記録されています。