地元の“岸田総理”期待よそに総裁選出馬明言避ける

01/20 17:41 更新

 自民党の岸田政調会長は地元・広島での新年会で、秋の総裁選に出馬するかどうかについて、「先の話は決めていない」と明言を避けました。  自民党・岸田政調会長:「持ち前の辛抱強さと我慢強さを十二分に発揮して、じっくりと日本のこれからについて考え、自分自身の行動についてもじっくりと判断していきたい」  新年会では、広島県の湯崎知事ら来賓が「岸田総理大臣」の誕生に期待感を示しました。しかし、岸田氏は「予算を仕上げるために努力しなければならない立場であり、そこから先の話は何も決めていない。まだ時間はある」と述べるにとどめました。