【報ステ】年金受け取り 70歳以上も選択可能へ

01/17 23:30 更新

 公的年金の受け取り開始について、70歳を超えても選択できる制度が検討されている。公的年金は現在、受け取りの開始を65歳以降にすることで、月額が0.7%ずつ増える仕組みになっている。政府は、新たな制度で70歳を超えて受給を開始した場合には、上乗せ率をさらに増やす方針を固めている。近くまとめる高齢化社会に関する大綱に盛り込み、閣議決定する方針だ。