野党またまた分裂危機 統一会派に岡田克也氏ら反対

01/17 11:49 更新

 野党がまたまた分裂の危機です。去年の衆議院議員選挙で民進党は3つに分かれましたが、今、統一会派を目指して民進党と希望の党が接近しています。しかし、民進党内では岡田克也氏らが反対。希望の党でも反対論があり、玉木代表は分党を提案していて、このままでは四分五裂になりかねない状況です。通常国会の開幕は5日後に迫っていますが、どうなるのでしょうか。  (政治部・白川昌見記者報告)  民進党の両院議員総会は現在も続いています。総会は、冒頭から不規則発言が飛び出す大荒れの展開になりました。  民進党・小西洋之参院議員:「何、偉そうなこと言ってんだ!」  この後もさらに異論が噴出し、「党が割れるような議論に走るべきではない」「希望との会派結成を一体、誰が望んでいるのか」などと、立憲民主党との話し合いを優先させるべきだという声が挙がっているということです。岡田氏が率いる「無所属の会」が反対に回ったことで、統一会派の結成を押し切っても、衆議院で立憲民主党の数を抜いて野党第一会派になる構想は実現しません。依然、複数の参議院議員が離党したうえでの立憲民主党入りを検討しています。  こうした状況に、希望の党側の雲行きも怪しくなってきました。17日午後には、こちらも両院総会を予定していますが、民進党が了承しなければ、統一会派自体がはかられない可能性もあります。ただ、代表が「分党」という提案をしてしまった以上、設立メンバーとの分党はもはや避けられないという見方が強まっていて、希望、民進党とともに再分裂の公算が高まっています。