「知の巨人」梅原猛さん逝く 哲学以外も幅広く活躍

01/14 17:25 更新

 哲学にとどまらず、古代史研究や歌舞伎の創作まで手掛けた「知の巨人」が亡くなりました。  哲学者の梅原猛さんが12日夕方、老衰のため亡くなりました。93歳でした。文学や歴史、宗教なども含めて日本の文化を解き明かす独自の研究で知られたほか、スーパー歌舞伎などの創作でも活躍し、1999年には文化勲章を受章しました。また、作家の大江健三郎さんらと「九条の会」を結成し、憲法を守る運動にも取り組んでいました。通夜・告別式は家族で執り行い、後日、「お別れの会」が開かれるということです。