立憲・枝野代表 憲法9条改正を阻止する考えを強調

01/12 00:05 更新

 立憲民主党の枝野代表が憲法9条の改正を阻止する考えを強調し、自衛隊の明記を目指す安倍総理大臣を牽制(けんせい)しました。  立憲民主党・枝野代表:「集団的自衛権の一部行使容認という立憲主義に違反し憲法にも違反をする。これを前提にして(憲法)9条には絶対に手を触れさせてはならない。これは一切妥協なく徹底して貫いて参りたいと思っています」  枝野代表はこのように述べ、憲法改正に慎重な与党・公明党にも協力を呼び掛けました。立憲民主党の独自性を強調することで、統一会派の結成を目指す民進党、希望の党との違いを強調する狙いもあるとみられます。