【報ステ】中国軍艦が尖閣沖の接続水域に

01/11 23:30 更新

 中国海軍のフリゲート艦1隻と潜水艦1隻が11日午前、尖閣諸島沖の接続水域に入った。外務省の杉山事務次官は、中国の程永華駐日大使を呼び出し、重大な懸念を表明して抗議した。一方、中国外務省は海軍の行動を正当化したうえで、「釣魚島は中国固有の領土で、歴史と法理的な証拠が十分ある」と主張した。