総理が警戒監視指示 接続水域に潜水艦と中国の軍艦

01/11 14:34 更新

 防衛省は潜った状態の潜水艦と中国海軍のフリゲート艦が11日午前、尖閣諸島沖の日本の接続水域内に入ったと発表しました。これを受けて安倍総理大臣は、不測の事態に備えて関係省庁が緊密に連携して対処し、警戒監視に全力を尽くすよう指示しました。