KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡ソフトバンクホークス スタートアップ2018応援パフォーマンスDVD

KBC共通メニューをスキップ

花粉症

 
今回、花粉症についてお話を伺ったのは、
九州大学病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科 助教・併任講師の
村上大輔(むらかみ だいすけ)先生です。

■花粉について

スギ花粉は2月中旬から飛散をはじめ、
3月をピークに4月上旬まで続きます。
その後はヒノキ花粉が4月上旬から5月上旬まで飛散します。


■花粉症のメカニズム

空気中を浮遊しているスギやヒノキ花粉などのアレルゲン(抗原)が鼻の粘膜に付着すると、
体内にアレルゲンに対する「IgE抗体」が作られます。
その後、再びアレルゲンが入ってくると、
肥満細胞上のIgE抗体がアレルゲンをキャッチして、
肥満細胞からヒスタミンなどの炎症性物質が放出されます。
これで神経や血管が刺激され、
くしゃみや鼻水、鼻づまり等のアレルギー反応が起こります。


■花粉症の特徴

花粉症を発症する人は遺伝的にアレルギー体質の人が多いですが、
アレルギー体質ではない人でも、
毎年大量に花粉を吸入し続ければ花粉症になることがあります。


■増えている理由

花粉が体内に入ってきたときの免疫反応を活発にさせるのがタンパク質や脂肪です。
日本食から高タンパク・高脂質の西洋的な食事に変わってきたことが、
花粉症が増加している原因のひとつだと考えられています。
またアスファルトなどで地面を固められた都市部は
空気中を漂うチリが舞いやすく、
その中に含まれる花粉を吸い込むことで
発症につながることがあります。
さらに睡眠不足など不規則な生活をしているとストレスがたまり、
自律神経や免疫反応のバランスが崩れてアレルギー反応がひどくなります。


■花粉症の予防・対策

外出時にはメガネやマスクを着用しましょう。
また上着は花粉の付着しにくいナイロン製のものにする、
帰宅時は外で花粉を払い落としてから家に入るなどの対策が必要です。
他、花粉の飛散量が多い日は外出をできるだけ控える、
こまめに部屋を掃除して、家の中の花粉を少なくすることも大事です。


■花粉症の治療

花粉症の症状を軽くするためには
薬物療法とアレルゲン免疫療法があります。
薬物療法では、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状に併せて、
抗ヒスタミン剤やステロイド点鼻薬などが処方されます。
アレルゲン免疫療法はアレルギーの原因となっている物質を体内に少しずつ取り入れて
アレルギー反応を抑えるというものです。


■期待される最新の研究

九州大学で今行っているのは、
腸管の免疫を利用する「経口免疫療法」の研究です。
私たちの腸には異物を排除する免疫細胞が多く存在しています。
経口免疫療法はこの免疫細胞にスギ花粉を継続的に投与して、
過敏なアレルギー反応を抑えようという治療法で、
現在研究が進められています。
今行われている免疫療法は3〜5年という長い期間に渡って治療を続ける必要がありますが、
経口免疫療法では治療期間を約2ヵ月で設定しています。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます