KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

ルーツを歩こう

第498話「カンボジアの凧」

各局放送時間 KBC(金)よる11時10分~11時12分、NCC(日)よる11時05分~11時10分、KAB(土)よる11時12分~11時15分、OAB(金)よる11時10分~11時15分、UMK(日)よる9時54分~10時00分、KKB(日)よる11時05分~11時10分、QAB(金)よる11時10分~11時15分※各局の放送時間は変更になる場合があります。


メキシコ

第217話「旧市街の朝」 (2013年11月29日放送)

メキシコシティ、ソカロ広場の周辺は旧市街と呼ばれ、国立宮殿やメトロポリタン大聖堂など、数百年前の建築物が建ち並ぶ歴史地区となっています。

驚く事に、このメキシコシティはもともとテスココ湖という大きな湖で、14世紀にアステカ人によって島が作られ、しだいに干拓が進められた結果、30万人が住む古代都市「テノチティトラン」が築かれました。それが破壊されてスペイン人によって街が築かれたのは16世紀、彼らの手によってさらに大規模な干拓が進められたのでした。街の南部に位置する水路の街「ソチミルコ」は、テスココ湖と同じく古代の湖の名残りであり、そういう理由でメキシコシティ歴史地区とソチミルコはセットで世界文化遺産に登録されているのです。

元々湖だっただけに、実はメキシコシティの地盤は比較的軟弱であり、よく見ると旧市街に残る古い建物もかなり傾いたり沈んだりしているのです。
特に地震などがあると被害も大きく、修復・維持には大変な努力が必要なのだそうです。

関連情報

メキシコ

ページの先頭へもどる

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます