KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

中野ユキヒロの九州の食と文化応援隊

九州には、キラキラ輝く、人と食と文化が溢れています。九州中の1,000人を超える生産者と太い繋がりを築いてきた中野ユキヒロさんの宝石箱から、一つづつ紹介して頂きます! 今日は、どんなキラキラのお話しが聞けるでしょうか?

中野ユキヒロ商店 代表(元「九州のムラ市場」運営部長兼店長)1960 年生まれ。福岡県直方市出身。大阪辻調理師専門学校卒業後、和食専門店を経て、魚料理への興味からスーパーの鮮魚売り部門の責任者に。その明るさと陽気なトークで名物社員となる。その後、2004 年、(株)九州のムラ市場に入社。店舗立ち上げや運営に携わりつつ、仕入れ業務も担当。消費者と生産者&地域を繋ぐ、活気を生み出す交流の場を築き上げる。2013 年3 月、(株)九州のムラ市場を退社後、独立。「中野ユキヒロ商店」として、九州各地の食・食文化・人を応援する活動を積極的に行っている。九州全域に800 以上の農家さんや加工事業者さん、地域づくり団体とのネットワークを持つ。

中野ユキヒロさん原案、徳永玲子さんが文を手掛けた食育絵本『トマトくんのありがとう』が販売中!生産者の思いを伝えたいと願う中野さんと、長年絵本の朗読で、子供はもちろん大人までをも笑顔にしてきた徳永さんが出会い、トマトが出来るまでのいのちの物語、農家のおじさんの愛情物語『トマトくんのありがとう』が誕生しました。 小さなお子様から大人まで楽しめて、きっと新しい発見があるはずです。 ぜひ、一度手に取ってみてください!

今週のおはなし

この情報は番組放送時のものです。現在は変わっている場合がありますので、必ずご確認ください。

【2019年02月15日】

佐賀県玄海町『石丸久江さん』の“じゃがいも”

今日は、佐賀県玄海町『石丸久江さん』の“じゃがいも”をご紹介します!



玲子「大きなジャガイモがありますが、大地の香りがするようです」

【『石丸久江さん』は?】

石丸さんの畑は佐賀県東松浦郡玄海町花の木にあります。石丸さんご一家は昭和63年頃から“ハウスみかん”の栽培に取り組まれてきました。現在は長男が“ハウスみかん”を専門で栽培され、お母さんの久江さんが“じゃがいも”“大根”“白菜”“ニンニク”等々を栽培されています。特に久江さんが栽培される“じゃがいも”は美味しいと評判です。

中野「本当に美味しいジャガイモで、僕も何年か前から頂いています」
玲子「煮ても焼いても美味しいと書かれていますね」
中野「レンジで温めて、塩を振った物を用意してあると思うのですが」
玲子「ん!ホクホク!!甘〜〜い!!!」
富田「うん!全然違う!」
玲子「ネットリして!薄塩しただけなのに!」
中野「僕も、湯がいて焼いてバターをのせるのが好きです!」



子供さんは3人、お孫さんが5人おられるそうです。『あゆのさと』への出荷はお孫さんが手伝ってくれ朝7時半に到着するように行かれるそうです。

【久江さんの“じゃがいも”は?】

栽培される“じゃがいも”は、“出島”“メークィン”“北海こがね”“はるみ”“北あかり”等々で、久江さんは、春と秋の二度ジャガイモを植え付け、収穫されています。栽培面積は2反くらい畑で、年に二回収穫、ほとんど全部“あゆのさと”に出荷されています。

中野「今日お持ちしたのは“出島”だと思います」
富田「本当に美味しいわ」
玲子「何が違うのでしょう??土??」
中野「除草剤は使わないそうで、畑を見せてもらうと周りに草は生えているのですが、その草も青々していて、しっかりした土で作られていると思います」



「栽培方法は普通。なんも特別なことしよらんけど美味しいと言うてくれる。除草剤は使っちょらん。使うと生育が何か思わしくない。腰が悪いので、草刈は大変やけど“立鍬”使って、少し日照りが続いた時に根っこごと刈り取るとよ。そしたら、生えてこん。長年の知恵。」と言われていました。
春は“芽かき”を行い2本立てにするそうですが、秋は“芽かき”をすると“玉太り”してしまうため、“芽かき”をせず栽培されるそうです。

玲子「一つ一つが大きくて、しっかりしています」
中野「土がホコホコしているのですよ」
玲子「美味しいです。別物です!」



生産された“じゃがいも”は、十数年前から佐賀県唐津市七山にある直売所『あゆのさと』のみで販売されています。当時は店長の徳田和美さんが集荷してまわっていたそうで、「和美ちゃん、これからはココでしか買えんちゆう野菜を作ってもらって売らないかんよというてね、私も浮気せんであんたんとこに出す美味しい野菜責任もって作るき」と当時の話してくれました。『あゆのさと』の出荷者名は「石丸よしこ」で登録してありますが、「それは長男の嫁の名前、作っているのは久江、私です・・・(笑)」という事です。

●販売先『あゆのさと』佐賀県唐津市七山仁部1259-1
TEL:0955-58-2926 
営業時間 7:30〜17:30  お食事処(土・日祝日限定営業) 11:30 〜16:00



玲子「さて来週は?」
中野「中野宗像市の『正助ふるさと村』の取り組みをご紹介します!!」



  • 午後はニコニコ